初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐための5つのビジネスモデル 初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐ厳選5つの在宅ビジネスモデル

初心者がパソコン1台で年収1000万円稼ぐ お勧め在宅ビジネスモデル5選!

文章構造の理解と「切り口」に気付く実践経験だけで在宅起業

断言します。たった1つだけ、ライティングテクニックだけまず頭で理解しましょう。書くことはアウトソーシングも可能ですが、基本を知り、切り口に気付く習慣だけは頭の片隅に置いておきます。
営業セットはあります。その前に文章の基本構造を知り、コンテンツメディアを作ってみて「切り口」を形にしてみましょう。たったこれだけで、もう30日後にはコンサルタントとして在宅で起業することができます。

ワンコイン(500円)で学べるココナラの「Webコンテンツ記事ライターの基本スキル教えます」で文章構造を知り、記事を書いてみましょう。論理的に理解できれば、あとは実践を通じてスキルアップは実現します。新聞記者も意識していない簡単なロジックです。
あとは、コンテンツメディア記事を数百本執筆、大手コンサルティング会社のレポートも執筆している新聞de元気山口編集La★boが段階的にプロのテクニックを伝授します。

新聞de元気山口編集La★boのビジネスモデルはこちらのページで解説

組み合わせれば誰でもパソコン1台で1000万円

普通のサラリーマンや主婦がパソコン1台で年収1000万円を得るためには、ネットのクラウドサービスを利用して作業をしているだけではなかなか難しいでしょう。高度なプログラミングやWebサイトを構築できれば可能性はありますが、「作れる」「できる」レベルでは受注競争を勝ち抜くことはできません。

○ふつうの人でもできるビジネスモデルとは?
デザイン、Webサイトやプログラミングのような専門性、あるいは中小企業診断士や社会保険労務士など企業活動をコンサルティングするための資格がない人にも可能なコンサルタントビジネスがあります。
その1つが、編集コンサルタントやWebマーケティングコンサルタントの仕事です。

○ネットでも地域マーケットでも受注競争は激化
編集コンサルタントやWebマーケティングコンサルタントは、特に資格が必要ありません。関連会社に就職すれば、その日から「肩書」とすることができます。
しかし、コンサルタントの定義の1つとして「ロジック」が求められます。自称コンサルタントには、このロジックがないのが一般的です。

○ロジックとは思考を「見える化」したもの
誰でも仕事を通してプロフェッショナルになります。つまり、時間と経験が必要です。しかし、基本的な考えはおぼろげながら誰でも組み立てているのです。しかし、ロジックとして構築して数時間の講義を行うことはできません。経験談としてなら話はできますが、その経験談は最初から持っているわけではないのです。
経験がなければ、副業も起業もできないという問題点を解消すればその日からコンサルタントとして営業活動ができる、それが最終目標である「販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント」です。

PC1台でだれでも起業~難易度低いものからランキング

難易度は高くても簡単な営業資料だけあればだれでも年収1000万円の扉を開くことができまs。

  1. 第1位

    テープ起こし&WordDTP

    [難易度★★]
    テープ起こしとは、録音音声を文字化する仕事です。クラウドソーシングでも安定的な発注があります。スピードと正確性が求められ、受注の競争率は数十倍と獲得は難しいかもしれません。
    その点、地元営業なら安定的受注が可能です。営業モデルを確立するという課題がありますが、比較的難易度は低いと言えます。要約など原稿整理のスキルと、報告書編集をWordで行い発注するDTPと印刷関連知識もあると収入が増えます。

  2. 第2位

    アフィリエイトショップ&ネットショップの運営

    [難易度★★]
    アフィリエイトショップ成功の秘訣は、自分の得意分野に絞ること。さらに切り口に工夫すること、などが挙げられます。スキルとして
     ・ライティング技術(高いほど良い)
     ・HTMLとCSSの基本的な理解
     ・バナーなど画像デザインに慣れること
    があります。最初にトレーニングするなら、もしものサービスが最適です。
    ネットショップと組み合わせる方法もあります。

  3. 第3位

    FX(外国為替証拠金取引)

    [難易度★★★]
    FXは元金10万円程度から始められる手軽な投資法です。リスクは大きく、統計学の傾向から考えても大勝する人は全体の5%、せいぜい20%がなんとか勝率を維持できる程度だと、まずリスクを認識しておきましょう。
    証拠金は5万円でも開始できるのですが、余裕資金があればあるほどあわてて決済したり強制決済にならなくてすむのでリスクは軽減されます。

  4. 第4位

    Webコンテンツライター&Webサイト構築

    [難易度★★★★]
    ネット上に公開されているサイトを見ると、最近は記事を中心にコンテンツの充実が進んでいます。単に写真や商品説明を入れるだけでなく、その商品の価値を記事で紹介する手法がコンテンツマーケティングです。
    その際、検索(SEO対策)対応が図られている記事である点が大きな特色です。
     ・自分の得意分野を極めること
     ・ライティングで重要な「エビデンス」を重視した高度なスキル
     ・SEO対応と<h○>などHTMLの基本的スキル
    などが必要です。特にライティングスキルは、高度な技術が受注のポイントです。

  5. 第5位

    販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント

    [難易度★★★★★]
    パソコンで副収入を得たり起業するためには、
     ・ライティングスキルと情報編集力
     ・HTML&CSSのスキルとコンサルティング力
     ・具体的目標(組織活性化・集客と販売促進など)の達成をサポートするしくみ が重要になります。上位4つのビジネスモデルを組み合わせて、トータルで1000万円をめざす目標を立てておく必要があります。単独でも可能ですが、いつまでも作業に追われていては企業として成長できません。
    その新しいビジネスモデルが「販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント」です。