初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐための5つのビジネスモデル 起業失敗3つの理由

10年後に生き残る起業はホップ・ステップ・ジャンプの戦略が必要

起業10年後に生き残っている会社は3%という現実と3つの倒産理由

起業は簡単ですが、10年後に生き残るのは並大抵ではないようです。厚生労働省の調査でもその割合は3%程度という数字が出ています。簡単な起業の代名詞としてあげると商売は、物販・飲食・サービスに分けられますが、物販は仕入、飲食はリピーター客、清掃業や編集業などのサービス業は
作業時間に追われるという問題点に着目してその打開策を考えてみましょう。
まず、3つの倒産理由です。
 
 1.資金繰りに行き詰る→初期投資のための借入金返済がなければ軽減される
 2.新規開拓に行き詰る→ロジックに基づく新規開拓や集客戦略により軽減される
 3.作業時間に追われる→営業利益確保とアウトソーイングにより軽減される

が挙げられます。
1.借入金返済が重くのしかかる
通常、起業時に借り入れを行うことが一般的です。起業促進のための行政施策や金融機関独自の施策もあり、成長性や安定性が見込めれば融資を受けることはそんなに大きな問題ではありません。小規模の起業であれば、商工会議所や市町村の起業支援サポート、県の支援機関(銀行との連携もあり)や信用保証協会、金融機関窓口での相談など、相談に乗ってもらえる窓口は複数あります。また、融資の相談も受けています。
起業家として失敗する多くが、融資を甘く見ていることです。融資自体はそんなに難しいことではないため、ビジネスモデルのプレゼンテーション資料を用意して財務状況を確認すれば可能です。
ところが、たとえば半年間の返済猶予があったとしても、その間に行政を伸ばさなければ借入金の返済と入金の不足により、あっという間に手元資金が底をついてしまいます。

1.資金繰りに行き詰る

1.借入金返済が重くのしかかる
通常、起業時に借り入れを行うことが一般的です。起業促進のための行政施策や金融機関独自の施策もあり、成長性や安定性が見込めれば融資を受けることはそんなに大きな問題ではありません。小規模の起業であれば、商工会議所や市町村の起業支援サポート、県の支援機関(銀行との連携もあり)や信用保証協会、金融機関窓口での相談など、相談に乗ってもらえる窓口は複数あります。また、融資の相談も受けています。
起業家として失敗する多くが、融資を甘く見ていることです。融資自体はそんなに難しいことではないため、ビジネスモデルのプレゼンテーション資料を用意して財務状況を確認すれば可能です。
ところが、たとえば半年間の返済猶予があったとしても、その間に行政を伸ばさなければ借入金の返済と入金の不足により、あっという間に手元資金が底をついてしまいます。

新規開拓に行き詰る

〇物販の場合
物販であれば、集客力がなかったり売れないと焦りが生じます。そこで、売れそうな商品を仕入れ、さらに在庫が増えるという悪循環に陥りがちです。ポリシーを曲げないことが基本。
しかし、最初の商品戦略や経営戦略が誤っていることも多々あります。
こういうリスクを避けるために、最初にネットで検索ワードなどを検証してみる方法があります。ブレスレットなどのアクセサリーを販売するお店を開くとしましょう。興味もあり、知識も一定程度あります。
そこで、ある「テーマ」を設定します。利用者にとって興味のあるテーマが重要です。ここでは中高年男性のおしゃれアイテム、ということで仮定します。着こなしと、ちょっとしたおしゃれ感覚のアピールです。
すると、対象は中高年男性ということになります。では、どういうアイテムが必要なのでしょうか。ブレスレット、ネックレス、時計などが浮かび上がります。実店舗で商売をするためには、地元マーケットをしっかり見る必要がありますが、ネットで試す場合は「切り口」を明確にすればそれで実践できます。
こうした実験店舗をネットで構築できるしすてむがあります。
無料のもしもアフィリエイトで学ぶHTMLとコンテンツ記事の書き方のページで具体的方法を紹介しています。

〇サービスの場合
一方、Web制作など形のないものを販売するサービスも厳しい現実があります。BtoBだけ考えてみても、会社に所属しているときに担当した企業や団体がそのままクライアントになってくれるわけではありません。よほど優れているか特殊なスキルがないと、信頼性がない個人に発注しないのがふつうです。
既存の取引先もすぐに競争相手に奪われます。
そこでオンリーワンの価値が必要になってくるわけですが、その組み立てにはロジックが必要です。ロジックに基づいて綿密な戦略と営業資料を用意することで、競争相手から一歩ぬきんでた存在として認められることになります。
技術的な問題はアウトソーシングすれば解決しますが、営業場面では「自分のチカラ」以外に頼ることはできません。
多くはここで行き詰まり、売上の低下から資金繰りの悪化と悪循環に陥ってしまいます。銀行融資で運転資金を借りるのは、中堅企業以上の発想だと考えておきましょう。個人経営で運転資金の借り入れ、特に長期の借入は首を絞める決定打にもなります。

作業時間に追われる

営業活動に行き詰る一方、その分、営業活動に時間を割かれるようになります。同時い仕入れや帳簿の整理に追われて販売効率が悪かったり、サービス業だと作業時間が取れなくなってしまいます。
時間が確保できても、集中力や気力が十分整わず、修正も多くなります。
つまり、資金繰りの悪化や営業活動に行き詰ることで制作作業や本来の販売作業に集中できなくなります。
成長する企業は、最初に役割分担を決めて経営を開始します。しかし、これだと資金が必要です。

個人経営で年収1000万円を獲得しようとするなら、最初から信頼できるパートナーと組んで500万円ずつにするという方法もありますが、実際には二人のスキルが相当高くなければ成功しません。リスクを考えると、個人経営で年収1000万円をめざす実践的な取り組みをするほうが無難です。特に、企業として10年後に30人規模の会社にするなど、戦略的にマーケットをにらんだ経営戦略が立てられば話は違いますが。