初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐための5つのビジネスモデル プロのライティングテクニックを短期間で身につける方法

Webメディアのコンテンツライターになる方法~プロのライティングテクニック

初心者が、しかも特別な資格やスキルを持っていなくても年収1000万円にするといっても、2つだけ条件があります。
 1.パソコンが使える(WordやWeb関連など)
 2.ライティングが自由にできる
テープ起こしはブラインドタッチで打ち込んでいきます。しかし、この問題はアウトソーシングすることで解決します。初期段階の文字起こしは、外注すれば良いのです。
もう1つの問題は、ライティングのスキルです。頭に思い浮かんだ言葉がそのまま入力できるように、これはトレーニングをする必要があります。

ライティングについては、似非ライターも多く存在します。
皆さんのライティングスキルを判断するうえで、新聞記事を例に紹介しましょう。

 1.レベル1(お店の紹介やイベント紹介記事)
 2.レベル2(事件事故などの一般記事で概ね400文字以上)
 3.レベル3(解説記事のように問題点や解決策まで論理的構成で概ね1,000文字以上)
どの記事なら書けますか。クラウドサービスなどで求められるスキル、何人の応募があっても追加発注を受けることができるレベルは、最低レベル3以上です。
以上というのは、雑誌の特集記事のように1つのシナリオに基づいて多面的なソースの組み立てができて、複数の記事を集めて1つのテーマを描くことができるレベルのことを言います。
本来なら、この雑誌編集者レベルのスキルが求められます。

しかし、誰もが一足飛びにこのレベルに到達するわけではありません。しかし、プロセスを間違ってはいけません。多くの「自称プロ」が新聞記者を経験しているわけではなく、企業の広報担当などセミプロの世界で経験があるといった程度なので、進化の段階を「自己流」で満足しなければ、早い段階でエビデンスの整った記事が書けるようになります。

初心者向けWebコンテンツライター入門講座のご案内

Web記事のコンテンツライターに求められるスキルを基本から理解することができます。
Web記事のコンテンツは現在、1500字から8000字程度の長文を書くスキルが求められています。また、内容もしっかりとしたエビデンスを加え、いわゆる感想文はプロのライティングとして成立しません。

本サービスは、これからWebライターとして活躍したい方、超初心者向けに論理的に構成された文章がどのように書かれているか、基本中の基本を知っていただき、実際に新聞記事スタイルの文章を書いていただく、ライター入門講座です。

 ・Webライターとして副収入を得たい
 ・新聞記者になりたい
 ・広報担当になったのでニュースリリースの基本を知りたい

というみなさんのための、基礎体験講座サービスです。
ライティングの仕事に興味をお持ちの方に、新聞記事の構造図に基づいて3つの記事スタイルを体験していただきます。まずはワンコインで受講できる入門講座でライティングの基本を体験してみてください。