初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐための5つのビジネスモデル 販促ツール内製化&ビジネス編集力営業セット

営業セット(基本10枚)~内製化編集サービス・Webメディアコンテンツ・会議支援やビジネス編集力開発

営業セットは基本が10枚です。1ページ目は「編集のひろば」、10ページ目は「図解ステーション」の案内となっています。実際に営業する場合は、そのまま配付してもOkですが、自社のコンテンツに応じて差し替えることもできます。

内容は次のようになります。

営業セット1編集のひろば
1ページ 表紙は編集コミュニティ運営用サイトの紹介です。情報の定義とともに、組織活性化・販売促進・自己の再発見という編集の役割と効果について解説しています。

DTP&Web業務の概要
2ページ 販促ツール内製化について、DTP(紙媒体)とWeb(ネット媒体)の2つに分けて、主な業務を簡単に紹介しています。


Webサービス
3ページ 8時間でWebサイト構築の基本を学ぶ講座を開催しており、おもに安価に作るホームページ制作やHTML&css講座の紹介をしています。

販促ツール内製化と能力開発解説図
4ページ 販促ツール内製化の3つのメリットの紹介と、販促ツール内製化とビジネス編集力によって創造型人材活用組織を作るフローを紹介しています。ライティングなどの具体的サービスから3つのステップで効果を生み出す仕組みを項目を配置することで表現しています。

インサイドセールスの企画立案
5ページ インサイドセールスの構築を目的としたサイトのシナリオ設計を、5つのポイントに分けて紹介しています。ひらめきから課題の発掘、論理的組み立てや客観的な視点の意味、さらに自己投資から自己決定へと誘導する基本の考え方「セルフスタイルッドマネジメント」にも触れています。詳細は別途資料もあります。


社内情報の共有化
6ページ 社内情報の共有化について5つの項目を挙げています。それぞれの場面でビジネス編集力を持つ(情報を論理的に理解して見える化できるスキル)リーダーの配置と、情報を「思考」「事実」「資料」の3つに分けて分析、評価する流れをフローで紹介しています。


事務局機能とひらめきのヒント
7ページ 組織活性化や企画会議において事務局的存在=編集力を持つ人材による客観的視点と発想を生み出す役割について紹介しています。これは起業家がクライアント開拓のために運営する「解説型サイト」の役割と同じです。たとえば、「会議運営」をテーマにコミュニティサイトを運営することもできます。


企画3つのアプローチ
8ページ 企画アイデアを生み出すヒントとして「発想」「情報」「データ」の3項目を挙げ、げんばでどのような思考プロセスが行われるかの概略を紹介しています。


観光資源開発要素サンプル
9ページ 観光開発の企画会議を例に、立体的・時系列で組み立てられている関連要素を一目で見えるようにしたサンプル図です。実際の会議では、事務局または情報編集担当者が資料を作成することにより、アイデアを引き出しやすくなります。


図解ステーション
10ページ 図解ステーションの関連資料です。図解ステーションのテキスト編集サービスなどを紹介しています。起業される方はそのまま利用できます。また、自分で新たな資料を作成することもできます。
場合によっては省略することもできますが、1の「編集のひろば」については情報論の根幹となる資料なので、最初は10枚(または8枚で中の2枚を省略)を印刷して配布することをお勧めします。