初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐための5つのビジネスモデル Q&A(よくある質問)

パソコン1台で年収1000万円を得る実践的な地元営業モデルです。起業2年目に超えた営業モデルとともに、専門店や企業をクライアントにする方法をWebコンテンツメディアによって実現します。

個人が在宅でパソコン1台だけで年収1000万円を超える5つのビジネスモデル~疑問と不安を解消

自宅の一室にパソコンデスクを置くだけで準備完了。あとは名刺を作り、営業資料を持って
 〇官公庁・各種団体
 〇企業・専門店 に営業するだけ。
方法は簡単です。ただ、配るだけ。または、少し案内するだけ。無理せず、販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントのメインノウハウの1つである「消費者の自己投資意欲」から「自己決定」へと誘導するだけ。その基本は、コンテンツ&コミュニティマーケティングです。
従来の印刷やWeb制作会社の営業スタイル「個別提案営業」や広告関連の「お願い営業」には限界があります。営業訪問先がこれまで見たことのない
1.販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルティング というサービスを打ち出し
2.編集サービスを超えた営業資料 を見せれば
有能な経営者や経営幹部であれば、資料をすべてに目を通してくれます。
また、専門店など職人気質の経営者には情報論への関心が薄いので、コンテンツで集客する方法を提案。
官公庁や各種団体向けに
 1.企画会議に求められる事務局機能に関連した資料
 2.観光資源を利用した活性化策のプランを想定した項目整理のサンプル
を加えています。
これで、会議や企画を生み出す情報の専門家として一定のスキルを認めてもらえるようになります。
以下、よくある質問をまとめてみました。
 

パソコン1台で1000万円稼げるというフレーズはいかにも怪しいのですが。

ネットビジネス広告にはいかがわしいものも多くあります。新聞de元気のビジネスモデルである販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルティングは、ネットではなく地元営業を基本としています。 地元で、官公庁や企業をクライアント化する営業モデルです。 ほったらかしで儲かるしくみではありません。 クライアントは1つずつ確実に増やすことができます。

パソコンの文字入力はできますが、文章を書くのは好きですがあまり経験がありません。 また、Webサイトを作ることもできません。

もし、できなければ勉強と努力と経験が必要です。 しかし、作業はアウトソーシングすれば解決します。テープ起こしもWebコンテンツ記事も専門家が大勢います。 ただ、全体をプロデュースする必要はあります。 また、多くの起業家やコンサルタント起業家の課題は、クライアント開拓です。その課題は、新聞de元気のオリジナル営業セットで解決します。構想から実際に営業活動で得た反応を参考に30年かけて完成させた営業資料なので、実践で効果を発揮します。

5つのビジネスモデルを組み合わせれば、と紹介があります。とても同時に理解し、スキルを身につけることはできません。

FX以外は、たった一つの文章構造を基本にしています。最初にワンコインで新聞記事の構造を知り、実際に記事の添削を体験するサービスを用意しています。 あとは、編集者の心構え「他者も自身も幸せにする」という価値観を共有できれば誰でもできる仕事です。 ただ、プロとアマチュアの違いはロジックの有無です。同業他社の営業マンはロジックがありません。だから、差別化して営業活動ができます。作業は有料になりますが、新聞de元気の「販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント」は1つのコミュニティとして運営します。 一歩一歩成長しながら一緒に業務を拡大しましょう。