初心者がパソコン1台で1000万円稼ぐための5つのビジネスモデル 同業他社との比較(営業活動の優位性)

印刷営業の新規開拓は限界!マーケットも縮小傾向にあり、WordデータをPDF保存でアップロードすると激安で印刷が可能なネット印刷の普及で新規開拓は困難です。販促ツール内製化&ビジネス編集力なら、このニーズのスキマにアプローチ。

印刷マーケットは縮小~販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントにはチャンスが拡大

経済産業省の調査によれば、印刷市場(出荷額)は1993年の約8兆9000億円をピークに減少傾向にあり、2014年には5兆5000億円とピーク時の約61%にまで減少しています。その間、多くの事業所が倒産したり廃業しています。事業所数の減少も出荷額とほぼ対比して減少しています。

一方、身の回りを見ると、ネット印刷は拡大を続けているようです。理由は2つ。
 1.印刷料金が安い
 2.Wordデータの入稿で印刷発注が手軽になった

ネット印刷のビジネスモデルを支えるのは地方の印刷会社ですが、これまでデザイン料込み10万円で受注していた案件が、ネット印刷によって数千円の受注単価に落ちているという現実があります。比較的、設備投資も進んでいる印刷会社はネット印刷案件を大量受注することで複数印刷案件を同時に印刷し仕上げることで利益が上がりますが、ここでも打撃を受けているのは中小・零細印刷会社です。
もう、手だてがないのが実情です。

販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントは、印刷設備を必要としません。印刷はネット印刷を推奨します。しかし、実際にはWordで販促ツールを内製化するとデメリットも生まれます。
その1つが、客観性の担保です。これまで第三者の印刷営業マンがかかわることで原稿やイベント内容を客観的に見てくれる人がいたのですが、この第三者の目で評価するチャンスがありません。

だからこそ、促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントのチャンスは拡大しているのです。

情報を客観的に評価し、効果が出る情報戦略を提供し、人材の潜在脳力開発を行うコンサルタント

もうお分かりでしょう。販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントは、パソコン編集時代に情報を客観的に評価し的確なアドバイスを行う新しいサービスなのです。印刷会社はパソコン編集だと利益が出ない(デザイン料金や営業費がもらえない)のでチカラを入れられません。

だから、販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントにとって有利なマーケットなのです。

しかも、
 ①情報を客観的に評価(論理的に情報が見えるようになる必要がある)
 ②効果が生まれる情報戦略を提供(口コミ発生学やコンテンツマーケティング)
 ③人材の潜在能力開発(情報編集力の指導からビジネス編集力向上につながるリーダー養成)
という3つの目標を掲げ、基本となる編集サービスを通して提案、提供します。

このスキルは本来、印刷営業マンは持っているはずです。しかし、ロジックを見える化できていないのが現状です。販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントは、基本となるスキルを見える化することでコンサルタントとして名刺で堂々とアピールできます。

もし、印刷営業で困っていたら、目先の売り上げ減少に惑わされず、本来の印刷営業マンの価値を打ち出した営業展開に目を向ければ、Webコンテンツなど大きなマーケットが広がっていることに気付くはずです。

だから、個人が在宅で販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントオフィスを立ち上げてもビジネスが成り立ちます。

エリア内でオンリーワンの営業活動ができる理由

この比較表は当サイト管理人の基準で比較したものです。

印刷?Web営業 広告営業 コンサルタント営業 パソコン教室
現状と課題 印刷マーケットの縮小。Webの高度化への対応。 地域メディアへの集合広告が中心。テレビや新聞広告は減少。 中小企業診断士などの資格が必要。また有資格者も仕事獲得は難しい 初心者向けの講座は頭打ちか今後消滅する。新たな収益モデルが必要。
営業モデル お願いや個別提案だが、ネット印刷の普及で新規獲得は困難。 お願いや企画による協賛広告の掲載。ネット広告も地方では困難。 公的機関の委託事業などへの依存。個別営業は高いスキルと実績が必要。 ラジオCMや地元フリーペーパーへのセール告知。立地場所も影響。
打開策 大手や中堅は官公庁依存に加えて、デザイン性の高いWebサイトやネット関連サービスに取り組む。零細印刷業は戦略なし。 地域メディアも競争が激化。新たな媒体を模索するが、特に地方ではマーケットが限られ、縮小も。 法改正による給与事務などの作業分野とともに、コンサルティング分野で強みをアピールする必要がある。 個人向け講座から、BtoB向けサービスへの拡大。強みが何かを明確にした講座・サービス開発。