思い立ったら、すぐ行動を!

私が自分で海外旅行に行くようになったのは大学一年生になってからです。
高校卒業で一人で海外旅行に行こうとした時、親にすごく怒られたのを覚えています。
(いまでもこれには腹立ちますね、親世代の方、もし見ていたら子供が何かをしようとしていたら応援してあげてください。何かあったらどうするの?こんな心配しても何かあるときは何かあるんです、その生き方を尊重してあげてください。)
ここでちょっと話がそれてしまうのかもしれないのですが、私は何かをやりたいと思ってやろうとして、親に言ったところ怒られたり、否定されることが何度もありました。そして、特に何度も言われたのが『~してからでいいじゃん』でした。こっちは”今”やりたくて考えてきたのに、というのが率直な意見ですし、まあ親側はそれについて何の知識もないから当たり前でもあるんですよねこういう話は。何かをやりたいと思っているそこのあなた!やりたいことはやるべきです。それはいつやるのか、何かを終えた後ではなくやりたいと思ったその時に、です。そこで、親はもちろんいろんな反応するでしょう。あっさりOKかもしれないし怒られるかもしれないし、無理って言われるかもしれない。でもあなたの人生あなたが決めたいじゃないですか。あなたが決めていいと思うんです。でももちろんやりたいことするには大半お金がかかるでしょう。自分で頑張って稼ぐでもいいし、やはり親に頼りたい部分でもあります。
 結局何が言いたいかというと、親を説得させる親にプレゼンする。この重要性です。納得してもらって初めてお金が動くのではないでしょうか。だいぶ話がそれましたが、やりたいことはやろう、こう思い私は海外旅行をしはじめました。
 次からやっと旅行の話に行きたいと思います。