販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタント営業セット

普通のPRだけでは売りにくい商品を売るのがWebコンテンツとそのしくみ

普通に考えて、「ホームページ作ります」で売れる時代は終わっています。初期段階は「HP作ります」、限界を見た制作会社は「サーバー使用・ドメイン使用」という形で毎月のランニングコストで稼ぐ方法を提案し、まだあまりWebマーケティングに慣れていない専門店を顧客化することで安定収入確保をめざしました。
しかし、実際にネットを使いこなしている人たちは毎月1万円も払って地元の業者に依頼することはしません。独自ドメインもサーバー使用料を合わせても3000円程度から利用できるのに、なぜ年間10万円も支払わなければならないのか。

私は、地元営業を通じてホームページ制作会社の汚いやり方を見てきました。

〇優れた技術を持つHP制作会社だけが生き残っている
こうした経緯を経て、現在は本当に優れた技術力とデザイン力を持つ制作会社だけが生き残っています。ホームページが高度化し、素人では対応できなくなってきたのです。

〇全国サービスを利用すれば低予算で集客効果が可能となる
しかし、問題は残ります。
 ・低価格で運用できるしくみがあるのに利用しない手はない
 ・きれいなホームページが本当に集客効果があるのかという疑問

デザインや動きを伴うビジュアル表現は、やはり魅力です。しかし、大手企業のように優れた商品やサービスがあって初めて「検索」で訪れた人たちをホームページの表現を使って魅了し、インセンティブなどのしくみ(販促とテクニカルなしくみ)を用意して集客効果や売上につながっていくものです。

同じ考え方が、地方の専門店に当てはまるとは言えません。
 ・商品戦略
 ・Webコンテンツ
 ・しくみ
の3つが重要なことは企業の大小を問わず共通したテーマですが、地方都市の専門店はより専門性を表現することで、オンリーワンの価値が見えてくるはずです。
その価値を引き出すのが、
 販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントの仕事です。
販促ツール内製化&ビジネス編集力コンサルタントの仕事

DTP&Webコンサルタントの仕事