年間100万円以上稼ぐWebライター5つのポイント

プロのWebコンテンツライターとして100万円稼ぐコツとは?

45日でBtoBコンサルタント営業が可能になる営業セット

官公庁・各種団体&企業・専門店も同じ資料で対応

 ・印刷会社 オンデマンド印刷会社
 ・デザインオフィス
 ・Webサイト制作サイト
 ・ライター Webコンテンツ制作会社
 ・地方新聞広告
 ・フリーペーパー広告営業

在宅起業で年収1000万円をめざす方
 ・コンサルタント
 ・在宅ライター
 ・副業ライター
 ・Webコンテンツライター

新規収益モデル構築が必要な
 ・パソコン教室
 ・新聞販売店
 ・障がい者施設
 ・OA機器販売会社
など、情報編集やOA機器販売に関わる商品販売やサービス提供をされている事業所向けの、新規収益のための戦略モデル構築用営業セットです。

企業が運営するメディアのWebコンテンツの目的は「検索(SEO)対策」に尽きます。来訪者を増やすことによって「広告収入(アフィリエイトを含む)の獲得」「インサイドセールスへの誘導」「ネットショップ(LPページを含む)」の売上を増やすことにあります。
基本的には、掲載情報についてはどうでも良いというのが本音なのですが、SEO対策の中で「情報の質」「情報の量」「滞留時間」が影響するため、おのずと高いレベルの記事が必要になります。同時に最近は、「オリジナリティ」も重視されるため、質の高い記事を書くライターの需要は高いと言えます。

〇質の高いライターとは?
最初に「質の高いライター」について紹介しましょう。質が高いとは、一般的に言う「ライティングテクニック」は当然のことですが、ある専門分野を得意としており、実際の使用効果などについて専門的なアドバイスができるライターのことを言うようになりました。
また、斬新な切り口からコンテンツを仕上げるプロの編集者も同時に求められるようになっています。

・キュレーション記事の増加
「なりました」という表現を使ったのには理由があります。
以前は、ネット上の情報を集めて1つの記事に仕上げるキュレーションライティングが主な活躍の場でした。今でもこの傾向はありますが、寄せ集めの情報から1つのコンテンツを作る場合、どうしてもすべてのコンテンツが似たような情報となり、いわゆる金太郎飴のようなコンテンツサイトが乱立するという傾向が顕著になってきました。
そこで、体験者しか知らない情報や掘り下げた情報への関心が深まってきたのです。
たとえば、ある製品を実際に使ってみたコンテンツ記事を参考に、1つの別の記事を仕上げるというライティングの仕事です。リライトという形で発注される場合もありますが、実際にはキュレーション記事と同じように①つの独立した記事に仕上げる作業に変わりありません。
リライトという形が生まれた背景には、発注者が記事単価を下げるための使い方の問題です。リライトの単価は、ライティングよりも半値ぐらいの発注になります。仕事をしていくなかで、注意も必要です。

・斬新な切り口からコンテンツを仕上げる編集者の役割
斬新な切り口という意味は、SEO対策が大きく関わっています。前述したようにコンテンツ運営者の目的は、検索ワードに対して検索サイトのトップページ、しかもできるだけ上位に掲載されること以外にはあまり関心がないのです。情報の質にこだわるのは、検索サイト大手のグーグルのサイト掲載順位に対応するだめだけです。AIも活用して掲載順位が決まるため、必然的に良質の記事でなければ結果として上位検索が実現できないということから、プロの記事、切り口、全体構成が重要になっているのです。

それらの条件を満たしたコンテンツに仕上げるためには、高いライティングテクニックを持つライターが求められるというわけです。
では、切り口について簡単に解説します。
本サイトのタイトルは「Webコンテンツライターとして100万円稼ぐコツ」です。

重要なキーワードが含まれています。
 ・Webコンテンツライター
 ・100万円
 ・コツ
です。これらは、他のワードと組み合わせて検索されます。たとえば、
 ・在宅
 ・副業
 ・簡単
 ・主婦
などです。こういった検索ワードは、meta要素の中に書き込みます。Webサイトの構造からみれば、本文(body)の前の情報として掲載されない場所に書き込むことができます。もしもアフィリエイトの場合、
「基本情報を編集する」のなかに「メタワード」とある枠内に書き込みます。区切りは「,」を入れて複数個入れます。全体のサイトタイトルとともに、このメタワードとそのページの情報内容の整合性が取れていることが検索対応の1つの条件です。
たとえば、お菓子屋さんがメタワードに「和菓子」と入れているのに、フルーツだけの解説では整合性に疑問が残ります。こうした判断はAIが行うため、ロジックが整うことは重要なテーマです。

もしもドロップシッピング&アフィリエイト講座

〇ライターとして活躍できるスキルがあれば自分でサイトが運営できる
詳細についてはそれぞれの解説ページに紹介してありますので、そちらをご覧ください。最後に、プロとして100万円以上稼ぐWebコンテンツライターになるための条件を5つ挙げておきます。
経験があれば良いのですが、すべての人が新聞記者や雑誌編集の仕事を経験しているわけではありません。これから経験を積むわけではないので、スキルの裏付けとなる実践経験をまず作るようにします。
もしもドロップシッピングやもしもアフィリエイトは、ライティング経験者がWebコンテンツライターとして活躍できる基本的な業務の流れを体験できる、未経験者は実際に運用をして実践的な技術を身につける、という点から、すごく便利なシステムです。きちんと複数のスキルを実践で磨き、ライターとしてのステイタスを高めていきましょう。
また、もしもドロップシッピングやもしもアフィリエイトで実践経験を積めば、ライターとして受注して作業料金を受け取るよりもはるかにメリットが大きい、自分でサイトを運営することができます。どちらかというと、ライターよりも収益が見込めますが、最初はライターをしながら自分のサイト運営もするようにすると良いでしょう。100万円の副収入は、ライティング作業だけではかなりハードなので、働かなくても収益が上がるコンテンツを自分でぜひ作ってみましょう。
以下、プロのライターに求められる5つのポイントを紹介します。

1.ライティングテクニック
2.専門分野に特化している(or新たな価値を見い出す感性がある)
2.検索対応(SEO)とHTML・CSSの知識がある
4.新しい切り口が発見できる
5.受注を可能にするエビデンスとなる資料(HP)などが重要