Windows10にアップデートしてみたものの何かOSの動きがおかしい。設定していない項目が勝手に設定されているなど、スッキリとしないことが多いので、最初から設定しなおしたいことが多いです。そんな時は、クリーンインストールという方法があります。

Windows 7またはWindows8を無料アップグレードで10にしたときインストールされているプログラムの中にはWindows 10未対応のプログラムが含まれてる場合があります。
この時アプリケーションが未対応であると認識されると勝手に削除されたりして、OS自体の安定性が損なわれる場合があります。
Windows 10だけがインストールされた状態を作るためにはクリーンインストールを行った方がスッキリします。

◎インストール用DVDの作成

いきなりパソコンをアップグレードして何かあった時には困りますので、必ずデータなどのバックアップを行ってからしてください。そのためにはオンラインで行うよりインストール用DVDを作ってから行った方が良いと思います。マイクロソフトのソフトウエアーダウンロードより「Windows 10を入手する」を表示させ、「DVDまたはISOの作成が必要な場合」の「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてISOファイルをダウンロードしてください。この時自分のパソコンに合った言語・アーキテクチャ・エディション選んでください。
アーキテクチャとは64ビットか32ビットかと言う事で使用中のOSと同じでないとインストールできません。
エディションとはWindows 10 home なのかWindows 10 pro なのかと言う事でこれも使用中のOSと同じでないといけません。
詳しくは、Windows 10をクリーンインストールする方法PDFファイルも参考にしてください。
どうしてもわからない方は、「今すぐダウンロード」をクリックすればほぼ自動で「次へ」をクリックするだけで完了します。ただし、行う前にバックアップは必ず取ってください。

◎インストールDVDによるWindows 10アップグレード

インストール用DVDをセットしてコンピュータのDVDドライブをダブルクリックするインストールの準備中がしばらく表示された後に重要な更新プログラムをインストールの画面が表示されます。

「更新ポログラムをダウンロードしてインストールする」を選んで「次へ」をクリックする。






PCチェックが始まります。

しばらくかかります。





ライセンス条項の画面が表示されたら「同意する」をクリックしてください。






更新プログラムのダウンロードが始まります。



これはwindows 10を最新の状態にするため少し時間がかかります。

インストールの準備がようやく終わりましたので「インストール」をクリックしてください。






Windows 10をインストールしています。と表示されてだいぶ長く待たされます。

Windows へようこそと表示されたら「次へ」をクリックする。

「すぐに使い始めることができます。」の画面では「簡単設定を使う」をクリックする。

初めましてCortanaと申します。という画面で出てきます。
これは音声認識ソフトのことでマイクが付いていれば後で使用することができますので、とりあえず「Cortanaを使う」をクリックしましょう。
次にWindows 10で新しくなったソフトの紹介が表示されますので「次へ」をクリックします。

「こんにちは」・・・・に続き 旧OSの時のユーザー名が表示されて、引き続き「すべてのファイルは元の場所にあります」・・・・「新しい機能が追加されました」」・・・「PCの電源を切らないでください」・・・などが表示された後。
windows 10が立ち上がります。