車運転中に電話が掛かって来た時の必需品。ワイヤレスイヤホン

車を運転中に電話が掛かってきて、何やらゴソゴソとポケットやバックの中から携帯を取り出して「はい、もしもし・・・」なんて光景をいまだによく見ますよね。これは道路交通法違反で罰金(6,000円)です。
そこで、ハンズフリーでイヤホンマイクによる通話ならどうでしょう。道路交通法では違反になりません。しかし一部の地域では条例で禁止になっているところもあります。この場合安全運転義務違反となり罰金(9,000円)となる場合もあるようです。同じ日本で同じ道路交通法なのにもうわけわかりませんね。
どうも一部のイヤホンが音を遮断して聞こえなくなる場合を考慮してのようですが、今の片耳用イヤホンは耳穴に差し込むのではなく耳にかけて耳穴にはそっと重なるようになるので、外の音を遮断するようなことはありません。規則や条例で決めてしまうと本当の理由など関係なくなってしまいますので、何とかしてほしいものです。中には電話で話していると気が散るのでだめなんだという人がいますが、それなら、助手席の人とも話をするのは気が散るから違反になるなんて事にならなければよいのですが。
最も危ないのが、電話が掛かって来た時に、誰からなのかを確認したくなり携帯の画面を注視してしまう事です。どんなに短い時間でもそれが事故の元なんです、しかしこの時点では車の外からはわかりませんので、取り締まられることもほとんどありません。イヤホンマイクを付けていれば少なくてもよそ見をすることはないのですが。それに常に周りに気を付けなければならない、要人警護のSP達もイヤホンマイクをしていますよね。

この際、一部の地域の人はあきらめるとして、禁止されていない人には今のイヤホンマイクがどんなに進んでいるかを知ってほしいと思います。

☆今回試したイヤホンマイク

  楽天市場
Mpow Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン 片耳

選定条件として、完全に携帯はポケットやバックの中から取り出す必要が無い事。触る必要もない事。イヤホン部は片耳で、外の音を遮断しないもの。常時付けていても負担が無い事。これらを条件に探してみました。価格も手ごろで評判も良かったので「Mpow Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン 片耳」を今回購入してみました。
取扱説明書がすべて英語だったのでビックリしましたが、他のBluetoothの機器と同様に簡単にペアリングすることができました。心配の人は「Mpow Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホンの使い方」を参照してください。


            気になる商品紹介に戻る