クエン酸は健康や美容に効果があることが話題になっています。そればかりかクエン酸水を作って掃除に利用すると水垢の分解や消臭・抗菌効果まで優れていることが分かりました。

クエン酸と言えば、レモン、ミカン、グレープフルーツ、梅干しなどを食べた時のあの酸っぱい味を思い浮かべます。この酸っぱい味のクエン酸には、疲労回復効果・美肌効果などに加え、水回りの掃除(炭酸カルシウムを溶かす)にも使われる万能薬ともいわれるものです。

疲労回復効果
運動をすると疲労物質である乳酸が蓄積されて疲労を感ずる事は広く知られています。しかし、乳酸自体は近年の研究で、エネルギーを供給するため物質であることが分かってきました。乳酸は肝臓においてブドウ糖の一種に合成され各組織に運ばれてエネルギーのもとになるのです。それではどうして乳酸が悪者になるのでしょう。これは乳酸が過剰生成されて体内に蓄積することによる問題です。乳酸が作られてもすぐに肝臓に運ばれてブドウ糖類に変換されていれば良いのですが、体内に過剰に存在すると、炎症が起こり筋肉痛が発生するだけではなく、免疫細胞の増殖を阻害するのです。

これを利用して成長するのが がん細胞です。がん細胞は乳酸を大量に分泌して慢性炎症を起こし、免疫細胞の増殖を阻害して成長するのです。
要するに、乳酸が生成されたらなるべく早くブドウ糖類に変換させれば良いのです。これを助けるのがクエン酸なんです。

詳しく知りたい人のために
なぜ、クエン酸が乳酸を減らすことができるかを簡単に述べると、人間のエネルギーの元となる糖質、タンパク質などは分解されてピルビン酸となります。
ピルビン酸は酵素の力でアセチルコエンザイムAに変えられ、オキザロ酢酸と反応してクエン酸が生成されます。
このクエン酸がクエン酸サイクルでアデノシン三リン酸(エネルギー貯蔵物質)と二酸化炭素と水が作られる。二酸化炭素と水は排出されますが、アデノシン三リン酸が徐々に燃えてエネルギーとなるのです。

この時利用されるクエン酸サイクルと言う繰り返し行われる反応が問題なんです。クエン酸サイクルが調子よく活動できないとき余ったピルビン酸は乳酸に変わります。
この乳酸をほっておくと血液中に溶けだして血液を酸化し疲労の原因になるのです。
この時、クエン酸を摂取するとクエン酸サイクルが活発化して、乳酸が再びピルビン酸に変わり正常にアデノシン三リン酸が作られることになります。

このクエン酸サイクルは、高校の科学の授業で聞き覚えのある方もいると思いますがクエン酸回路とか、TCA回路などと呼ばれているものです。
糖質やたんぱく質を九つの物質に変化しつつエネルギーに変換するという、酸素呼吸をおこなう生物全般に見られるものです。
この反応を活発化するためには、この中に登場する九つの物質のどれか一つでも増やしてやればすべてが活性化すると言う事ですので今回は入手しやすいクエン酸をを紹介しているわけです。

クエン酸をどう摂取するか

  楽天市場
国産クエン酸 1kg(食品添加物)計量スプーン付き【送料無料】純度99.5%以上の九州産、結晶 クエン酸です。

簡単な方法はクエン酸水を作ることです。クエン酸は市販では粉状の物質ですので水に解けばクエン酸水の出来上がりです。
ただし、クエン酸は想像の通りかなり酸っぱいので、一般的には水250mlに小さじ半分(2.5g)を溶かす程度とされています。
これでもかなり酸っぱいかもしれませんので、苦手な人は重曹(0.5g)程を混ぜて炭酸水にした方が良いかもしれません。詳しくは健康に良い炭酸水の炭酸水の作り方を参照して下さい。
市販のクエン酸飲料もあるのですが、飲みやすくするために糖分など余計なものがが入っていますので注意してください。やはり、健康を考えるなら、自分で国産のクエン酸(食品用)を塩素が入っていない天然水で溶かしたものを飲むのが一番かと思います。(水道水に含まれる残留塩素(カルキ)程度なら塩素ガス発生の心配はないでしょう)
飲み方は一度に大量に飲むのではなく、少しずつを何回にも分けて飲むのが良いようです。1日に飲む量は普通に飲める量(1リットル~2リットル)ならカルシューム(歯・骨)の溶解などの心配もないようです。
楽天市場で国産クエン酸を検索するならここ
Amazon市場で国産クエン酸を検索するならここ

クエン酸キレート効果
クエン酸キレート効果とは色々な文献でカルシウム・鉄・亜鉛など体に吸収されにくいミネラルを吸収されやすい方に変えるとか体に有害な重金属を排泄するのに有効だとか言われていますが、いまいち科学的に説得力がありません。はっきりわかっていることは、カリシウムイオンがクエン酸とキレート結合するので、成分献血時には抗凝固剤として使われていることや尿をアルカリ化させ尿酸の排泄促進させる働きがあることから、高尿酸血症や尿路結石の治療にも使用されているという事実です。
このことから、血液をサラサラにして血行を促進すると言う事から来ていると思われます。

クエン酸水で掃除
クエン酸には水垢を分解する働きがあるので、お風呂・トイレ・鏡などのアルカリ性の汚れに効果があります。(水垢・石鹸カス・トイレの尿石などの黄ばみ・トイレの悪臭)
消臭効果や抗菌効果もありますから、台所の生ごみにかけたり、まな板の消毒にも使えます。
使い方は、水100mlにクエン酸小さじ半分(2.5g)を混ぜてスプレー容器に入れて使います。
飲む場合の倍以上濃い溶液になりますが、においもなく色もないので安心していろいろな箇所に使えます。

おまけ
油汚れはほとんどが酸性の汚れですので、アルカリ性の重曹が良いです。同じようにスプレー容器に重曹水を作れば手軽に使えます。
重曹水を作るにはぬるま湯100mlに対して重曹小さじ半分強(約3g)を溶かせば出来上がりです。重曹は溶けにくいので、ぬるま湯を使ってください。ただしあつ過ぎるのは良くないです。アルカリ度が強くなりすぎるようです。
重曹の掃除については詳しいHPがあります。参考にリンクを張っておきます。