冬の静かな夜に、疲れた心を揺らぐ炎の温かさでそっと包んでくれるような暖炉の火。 こんな環境で過ごせたらと思ったことはありませんか。

想像してみてください。温かい炎の揺らぎの中で時折「ピチピチ」と言う薪の燃える音。こんな環境の中で読書をしている自分。・・・

日頃の疲れやストレスもスッキリ晴れることでしょう。
しかし、住宅地で暖炉をと言うと相当にハードルが高くなり現実には別荘でも持っていないと難しいでしょう。

  楽天市場
【送料無料】ディンプレックス 電気暖炉 Optimyst Burgate BRG12J [BRG12J]【RNH】

そこで、手軽に雰囲気を演出してくれる電気式の暖炉風ヒーターを紹介してみたいと思います。
どうしても譲れないのは、あの揺らぐ炎の再現です。しかし、本当に火を起こすとなると燃料・換気・安全性などの問題ばかりか、掃除などの手入れの大変さがありますので、炎は疑似的に回転する鏡や、水蒸気ににライトを反射させて表現しています。
この技術が各メーカーにより工夫を凝らしているところですので、その方法により価格に相当な差が出ています。
価格帯は1万円位から30万円位と幅が広いのですが、炎のリアルさが価格に比例しているように思います。
高価格帯のものは水蒸気に光を反射させて微妙な揺らぎを表現していますが、低価格帯のものはいかにも模擬炎とわかる物まで差があります。
私が自身の目で確かめたのは12万円ほどの水蒸気に光を反射させるタイプと4万円ほどの水蒸気タイプではないが燃えている薪がリアルに表現されるタイプでしたが、水蒸気タイプはほんとにリアルで、手を入れても熱くないと分かっていても、手を入れるのをためらう位にリアルなものでした。

  楽天市場
【時間指定不可】【離島配送不可】AKL12J 電気暖炉 オプティフレーム Dimplex ディンプレックス Arkley(アークリー)【KK9N0D18P】

一方、4万円ほどの中位クラスの物は、比べると確かに違いはあるのですが、火のついた薪の表現がリアルでそばに寄ってみても本物と見間違う位の物でした。あとは、暖房能力の違いや外側の材質(鉄板・鋳物・一部プラスチックなど)・生産国(ヨーロッパ・中国など)による価格の違いがありますので、部屋の大きさに合ったデザインが好みのものにする事です。
私は結局中位クラスのものにしましたが、じっと炎を見つめているだけでも、心が落ち着いて来るようで毎日癒されています。あまり寒くない日は、ヒーターを切って炎だけを楽しんだり、寒い日も暖房はエアコンに頼って雰囲気だけを楽しんだりしています。
この炎は是非一度見て下さい。代表的なメーカーのディンプレックスのWeb上で動画が公開されています。想像を絶するリアル感があります。

楽天市場で暖炉風ヒターを検索するならここ
Amazon市場で暖炉風ヒーターを検索するならここ

   気になる商品紹介へ戻る