腸内環境の悪化が病気の元になると昔から言われてきたが、その改善方法が昔とは変わってきているようです。

昔から便秘や下痢などの腸の不調は腸内環境の悪化が原因だから大腸にいる3万種類・約100兆から1000兆個いると言われる腸内細菌の中の善玉菌を増やし悪玉菌を押さえればよい。そのためにヨーグトなどの乳酸菌を多くとると良いと言われてきました。(これをプロバイオテクスと言う)
しかし、近年少し話が変わってきています。腸内細菌の善玉菌と言われる乳酸菌などを多く摂取しても多くは胃酸で死んでしまい生き残った乳酸菌も元からいる腸内細菌に受け入れられることはなくすぐに排泄されてしまうので、効果は限定的だそうです。確かにヨーグルトや乳酸飲料をとっていても、一向に症状が改善しないという人が多いのです。
そこで、「取り込むことができないなら、腸内にいる善玉菌を増やせば良い」と言う発想が出てきたのです。(これをプレバイオテクスと言う)
健康な人で大腸にいる腸内細菌のうち善玉菌はおよそ2割程度、悪玉菌は1割以下だそうです。ではその他の7割位は何なんでしょうか、これが日和見菌と言うその時の勢力の強い方の味方になる菌なんです。
この為健康な人は善玉菌が大応援団を背景に活躍できるんです。

善玉菌を増やすにはどうすればよいのか。

善玉菌を増やすためにエサとなるオリゴ糖を摂取するのが一つの方法です。
母乳の初乳にはオリゴ糖が存在することが知られているがこれは乳児の腸内細菌を育てて有害な細菌の増殖を抑えるためであるとされている。人間にはオリゴ糖を分解する酵素は有りませんので吸収されずに腸内まで運ばれて腸内細菌を育成するのに役立っているようです。
(オリゴ糖について知りたい方はここをクリックしてください)

  楽天市場
日本オリゴ フラクトオリゴ糖 700g【イチオシ】

なお、オリゴ糖には何種類もあるのですがその中でもフラクトオリゴ糖がビフィズス菌の増殖活性に優れていることが分かっています。
善玉菌が増えるとこれらの善玉菌が短鎖脂肪酸を生成して悪玉菌の増殖を抑制することになります。これが良く言われる「おなかの為にはオリゴ糖を取ると良い」と言われる理由です。オリゴ糖が直接作用するのではく、善玉菌のエサになって善玉菌が短鎖脂肪酸を作るからなんです。
楽天市場でフラクトオリゴ糖を検索するならここ
Amazon市場でフラクトオリゴ糖を検索するならここ
ではこの短鎖脂肪酸が増えるとなぜ良いのでしょう。次に簡単に短鎖脂肪酸について述べてみましょう。

短鎖脂肪酸の効能
短鎖脂肪酸とは酢酸(さくさん)・プロピオン酸・酪酸(らくさん)が代表的なもので、腸内を弱酸性にすることで悪玉菌の出す酵素の活性化が抑えられるため発がん予防の効果を抑えるとともにミネラルの不足を補う事ができるとされています。酢酸には大腸のバリア効果があるのでこれを直接増やすことができれば病原性大腸菌などの侵入をふせぐことができますし、酪酸には大腸を保護する作用があります。
話の中に「酢酸」と「酪酸」と言う似た言葉が出てきますがこの違いをしっかり押さえておいてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
酢酸とは・・・食用の酢の中に含まれる、弱酸で強い酸味と刺激臭を持つことで知られる。
酪酸とは・・・銀杏の異臭の原因物質であり足の異臭の原因でもあるもの。草食動物の重要なエネルギー源
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
短鎖脂肪酸についてこちらも参考にしてください

短鎖脂肪酸の効能のまとめ
食中毒の予防
 酢酸は病原性大腸菌に感染しても毒素が体内に侵入するのをふせぐことができます。
 酪酸には腸内の粘液物質であるムチンの分泌を促進して大腸を保護する作用があります。

がん予防
 短鎖脂肪酸は腸内を弱酸性にすることで、二次胆汁酸をできにくくするので大腸がんを予防すると言われる。
 酪酸は大腸細胞の異常な増殖を抑えることにより大腸がんの発症を抑えると言われる。
 プロピオン酸は肝臓癌細胞の増殖を抑えると言われる。

肥満の予防
 短鎖脂肪酸は脂肪細胞へのエネルギーの取り込みを抑えることにより肥大化を防ぐとともに、交感神経系を介してエネルギーの消費を促しエネルギーバランスを整えると言われる。
 酪酸やプロピオン酸は腸管の細胞から分泌するホルモンが脳に作用して食欲を抑えるとも言われている。

糖尿病の予防
 酪酸には腸管細胞に作用して、腸管ホルモンの分泌を促進して、糖尿病の予防や改善するとともにインスリン分泌を促進すると言われる。この腸管ホルモンの機能を高めたものが現在治療薬として使われている。

免疫機能異常の予防
 腸の免疫バランスの乱れが全身に影響すると言われるが、酪酸には過剰な免疫反応を抑えるTreg細胞(免疫細胞)を増やすと言われています。実際に生体便移植と言い腸内細菌全体を移植する方法が治療として行われています。

この様に短鎖脂肪酸は素晴らしい効能があることが証明されていますが、これ自体を食物により大量に摂取することは難しものです。実際に取るとしたら、酢を飲むことで酢酸を摂取することぐらいで、酪酸やプロピオン酸は独特の臭気がある為、とても摂取できるものではないです。たとえ摂取したとしても小腸で吸収されてしまうため大腸まではほとんど届かないとされています。
このため、食物として短鎖脂肪酸は直接取ることはできないので、善玉菌を育て作ってもらうしかないと言う事になります。
善玉菌のエサになる食品は先ほど挙げた「オリゴ糖」の他には「水溶性食物繊維」と「不活性食物繊維」が挙げられます。

オリゴ糖を多く含む食品(カッコ内の数字は100g中に含まれるg数)
含む量の多い順にあげると、ヤーコン(8.0g)、きな粉(7.0g)、甜菜(5.0g)、ささげ(4.0g)、インゲン(3.7g)、ゴボウ(3.6g)、えんどう豆(3.1g)、あずき(3.1g)・・・・・・

水溶性食物繊維を多く含む食品
含む量の多い順に上げると、ライ麦粉(4.7g)、切り干し大根(3.6g)、干しプルーン(3.4g)、干しイチジク(3.3g)、オートミール(3.2g)、いりごま(2.5g)・・・・・

不活性食物繊維を多く含む食品
含む量の多い順に上げると、圧倒的に多いのが乾燥きくらげ(57.4g)、干しシイタケ(38g)、切り干し大根・干しささげ(17.1g)、あずき・えんどう豆(16.2g)、大豆(15.3g)、きなこ(15g)・・・・

水性・不活性食物繊維の総量の多い順 きくらげ(57.4g)、干しシイタケ(41g)、切り干し大根(20.7g)、インゲン豆乾燥(19.3g)、ささげ乾燥(18.4g)、あずき(17.8g)、えんどう豆(17.4g)、大豆(17.1g)、きな粉(16.9g)・・・

善玉菌を育てるには毎日の食事に注意して有用なものを調理して取らなければならないので、なかなか難しいものがあります。

短鎖脂肪酸をサプリメントでとる

  楽天市場
端麗短鎖 60粒 初めてのご購入で10%off【ゆうパケット送料無料】短鎖脂肪酸 エクオール ダイエット 乳酸菌 ビフィズス菌 デブ菌 ヤセ菌 腸内フローラ

何とか短鎖脂肪酸をサプリメントで取りたいと思い調べて見ると結構たくさんヒットします。ただし、大腸まで届かなければ何の意味もありませんので途中で吸収されないで、大腸まで届く工夫がしてあるものを調べてみました。
やはり少々価格が高いものが目につきますが、今までの説明を読んでから宣伝文句を見ると書いてあることの意味が分かります。
くれぐれも胃や小腸で吸収されずに大腸まで届く工夫のしてあるものを選んでください。
楽天市場で短鎖脂肪酸を検索するならここ
Amazon市場で短鎖脂肪酸を検索するならここ

        気になる商品紹介へ