美しさとは?







女性が美しくありたいのは、今も昔も同じこと・・。
女性が美しくありたいのは、DNAに含まれた母性本能により、子孫繁栄の為のものではないだろうか? そのDNAが子孫を残すために女性を魅力的にし、次世代へと繋げるためのものであろう、これは、すごいことだ、とは言え、DNAのなせる技?とでも言えるだろう、女性自身はこんなことは感じてはいないはず・・、男が男っぽくなったとしても子孫は残せもしないし繁栄もしない・・当たり前のことだが・・。
こうしてみると、やはり”女性”は最初の誕生から子孫を残すために美しくなるようになっていたことが伺 える、 そのDNAが子孫を残すために女性を魅力的にし、次世代へと繋げるためのものであろう、これは、すごいことだ、とは言え、DNAのなせる技?とでも言えるだろう、女性自身はこんなことは感じてはいないはず・・、男が男っぽくなったとしても子孫は残せもしないし繁栄もしない・・当たり前のことだが・・。
こうしてみると、やはり”女性”は最初の誕生から子孫を残すために美しくなるようになっていたことが伺える、それに、動植物においても、全ての生き物はメス(言葉は悪いが)が主流であり、男性は、他の面でのサポート役に感じられる、と書けば「男が主流よ!」「男が強いし、偉いし・・」とか言われそうであるが、子孫を残す術は持っているのであろうか?確かに”精子”君が要るにはいるが、最初に書いたように、カンブリア前にはメスだけで子孫を創ることが可能であったのだから、やはり、男はサポート役にしかなれないのではないかと勝手に判断させていただく。
話がそれたが、女性が美しくありたいのは、よりよい、子孫を残すための手段で、化粧などで、ある意味ごまかしているとも思えなくもない(女性の方、スミマセン)
然し、この化粧により、より良い子孫が残せるのなら、いいことではないだろうか、但し、アフリカとかの魔除けなどの化粧ではなく、男を引き付ける化粧なら、大賛成だ。
少し長くなるが、やはり化粧だけだは無く、”心”も清らかで純粋”に、化粧をしていただきたい、快楽を追求するのではなく、本来の”女性のあるべき姿”を、今一度振り返り、もっと美しくなって頂きたい!
やはり女性が美しく有れば(外見的・内面的にも)男はうれしいものです、それに、女性から女性を見ても「素敵だわ~」「いい人ね~」とか、自然と口を吹いて出るようになって頂きたい、確かに千差万別・十人十色ありますが、自分なりに磨きをかけて”美しく”なっていただきたい。
  女性の方々、頑張ってください、体と心を美しく・・。