体内の旅

皆さん、こんにちは、今日は少しHなお話です。
かの有名な”精子君”ご存知の通り、何億分の1の激しい競争率を超え、勝者(着床)になるんですね!
このたった1匹の精子君、出発前にも壮絶な戦いがあったには違いがないだろう、なんせ、あのウン玉の
中での競争もかなりのものだと思う、大したものだ!
然しこれで驚くわけにはいかない・・、出発をして、あの女性の”産道”とゆう暗く(?)長い(精子君にとっては)長い道のりを超え幾多もの試練を超え勝者になりたどり着く・・。
  ご苦労様・・。
で、女性の産道を無事に通過し終えた精子君は着床とゆう、女性独自の柔らかく(?)暖かい(?)
場所に導かれ、少しは不自由があれども、安心して守られる。
この安心して守ってくれるのも女性ならではの、本来持っている母子本能ではないだろうか・・、
仮に(男性には勿論無いものだが)男性が受け入れたとしても、死への旅たちとしか言えないであろう、
女性は1億の1匹を本能的に選び抜き受け入れられる素晴らしい臓器を持っている、確かに医学的には
色々と解明はされて解ってはいるものの、それでは”生”を受け入れる側に失礼ではないか・・。
せっかく素晴らしい臓器を無駄にしないためにも、女性の方々、内臓を含め、子孫繁栄の臓器も大切にしてください、小さな、小さな命も無駄にしないように・・・お願いいたします。                                                                                                           
検索エンジンに効果的に認識されるサイトとするために少なくとも400文字以上の文章を書くことがおすすめです!

さいつくでは、検索エンジンスパムを防ぐために、トップページに400文字以上の文章を書かないと強制的にが挿入され検索エンジンに認識されないサイトとなります。

400文字以上の文章を書いて、サイト訪問者に役立つサイトを作り上げていきましょう!