心がけ一つ!

皆さんこんにちは。
本日は女性に特に多いい、”痴呆症””ボケ”についてのお話です、男性の方も参考になるかと思います。
子育てもひと段落・・、子供も自立し夫婦での生活・・夫が退職・・。
と、こんな感じで女性の人生が終盤に近付いていくのでしょう(男性も)
 そこで、今までの”張り合い”が解け、急に自由な生活へと変わる・・、そうなれば、糸の切れた凧みたいに、フラフラ~~、これでは、痴呆やボケになるのは当たり前・・。
そのようにならない為にも、TVやPCで悔い止める方法などが紹介されてはいますね、
然し本当にそんなに簡単にできるの?ッてな感じでご覧になられておいでではないでしょうか?
 ここからは誠に恐縮ですが、私の母親の事で参考になればと、お書きいたします。
母親は今年、90歳・・年金生活、20年前に夫が他界・・、それからは一人暮らし・・。
この現状で、今も痴呆?ボケ?なんのその・・、と言うのも、自分から「一人で出来る限りはやってみる」「なるべく、息子夫婦には世話をかけない」・・、と、自らの”強い意志(女性の意地?)”で生活をしております、時折様子を伺いに顔見せに行きますが、元気なもんです、ちゃんと、女性ならではの、掃除や洗濯も怠らず、毎日ラジオで情報を収集し私に聞かせるくらいですから・・・。
それに、以前、一緒に食事などに行った時には、歩くのが私よりか、早い事、早い事・・、
「そんなに急がんでも、ゆっくり歩こうや」「私はこれが、普通よ」 フ~~ン・・。
とにかく70~90歳までは、私より元気な事・・、私のほうが負けておりました・・。
 長く書いて、申し訳ありません、要点を書きます。
  ① 自分から”やる”と強い信念を持つ。
  ② 人(周り)に、迷惑はかけない!
  ③毎日の情報はラジオで空想しながら聞く(例えば、青いそら・・、晴れて青いのか?雲があって青   いのか)
  ④どうしてもできない事は、私(身近)や、町内会長や役所に頼む。
等です・・、つまり、私が今までに色んな女性を見てきましたが、自慢ではないですが、ほぼ
 99%の真の女性だと感じます、やはり、女性は一人でも生きていける強い人間であることが
 よくわかります。   
  長々とすみませんでした、少しでも参考になれば幸いです。 

定年後設計スクール体験学習会