国旗でバードウォッチング

世界16カ国の国旗に鳥が描かれています。

種類別ではワシが8カ国と圧倒的に多く、他種の追随を受け付けません。ちなみに同じ猛禽類のタカは全く描かれていません。

 メキシコ、カザフスタン、エジプト、ザンビア、モルドバ、
 アルバニア、セルビア、モンテネグロ

ワシの次に多いのはコンドルの2カ国で、3位以下は皆1カ国となります。
微妙なのがハトです。フィジー国旗にオリーブの羽をくわえた姿が描かれていますが、もう一つ?あります。
ジンバブエの国旗には生きている鳥ではなく遺跡から発見された彫像の鳥が描かれています。この鳥がハトに似ています。

地域別に見て、目をひくのはバルカン半島です。バルカン半島に位置するアルバニア、セルビア、モンテネグロの国旗に双頭の鷲が描かれています。双頭のワシは東ローマ帝国の紋章に由来するそうで、ローマ帝国の流れを汲む地域の多くの紋章にも描かれており、代表的なところではロシアの国章にも描かれています。





南米ではコンドルが2カ国、エクアドルとボリビアの国旗に描かれています。 こう書いただけで、アンデス山脈上空を舞うコンドルの姿を想像してしまいます。



以下の4カ国は生息域がその地域に限られる種類が描かれています。

 ウガンダ - ホオジロカンムリヅル
 パプアニューギニア - 極楽鳥
 キリバス - 軍艦鳥
 ドミニカ国 - ミカドボウシインコ

ミカドボウシインコはドミニカ国の固有種です。軍艦鳥は海洋性の鳥ですので、島国であるキリバスには相応しい選択かと思います。


-国旗でバードウォッチング-


アジア

カザフスタン

ヨーロッパ

アルバニア

セルビア

モンテネグロ

モルドバ

アフリカ

エジプト

ウガンダ 

ジンバブエ

ザンビア

オセアニア

パプアニューギニア

フィジー

キリバス

北アメリカ

メキシコ

中南アメリカ

ドミニカ

エクアドル

ボリビア

世界地図・世界の国旗( http://www.abysse.co.jp/world/index.html
の画像データを利用させていただいています。