自転車について

自転車は旅のパートナー

まずは「自転車」がないと始まりません。
自転車は旅の苦労も感動も共にしていく大切な相棒、パートナーです。
ここではオススメの自転車を紹介していきます。

王道は何と言っても「ランドナー」



ランドナーは旅行用に作られた自転車であり、荷物の積載量が多く、頑丈なつくりが特徴です。
自転車にキャリア、バッグをつけて荷物を運ぶことで、自分自身で荷物を背負う必要がなくなります。
また、輪行(自転車を分解し専用の袋に収納して電車等で移動すること)のことも考慮されており、簡単に分解することが出来ます。
ハンドルはドロップハンドルで長距離ライドにも便利です。


悪路もへっちゃら!「マウンテンバイク」



マウンテンバイクの特徴は何と言っても振動に強く耐久性があることです。舗装している道路を中心に旅していたとしても、場所によって結構な悪路もあります。マウンテンバイクはガタガタ道での振動を吸収しますし、タイヤが太いのでパンクのリスクが低くなります。また、フレーム自体も強いので、故障しにくく、頑丈な自転車だと言えます。




気軽に始められる「クロスバイク」



クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの間のような自転車だとよく言われています。ある程度の高速走行ができ、やや頑丈なつくりになっています。キャリアをつけることができるので、バックを取り付けて荷物もある程度積載することができます。また、価格もリーズナブルなものもあり、気軽に始められるのではないでしょうか。



まとめ

今回、ロードバイクは紹介していません。ロードバイクはキャリアをつけられないものが多く、荷物の積載量がどうしても少なくなります。テントや炊飯道具まで運ぶのは難しいでしょうね。

しかし、世の中には「ママチャリ」で日本一周した人もいるくらいで、実は自転車は何でもいいのかもしれません。しかし、長距離走っていると安い自転車はどうしてもトラブルが多くなります。(実体験済み)パーツが安価で粗悪品だったり、修理しようにも部品が流通してなかったりします。

このページで紹介している自転車はどれもオススメのものです。予算に応じて検討してみてはいかがでしょうか?