美肌を保つために〈紫外線を知る〉

太陽から常に注がれている紫外線
その紫外線は私たちの肌にも注がれています。

紫外線がどのように肌に影響を与えるのかを
きちんと知り、しっかりと対策をしましょう。

肌に影響を与える紫外線

紫外線にはいくつか種類があるのですが、主に肌に
影響のある二種類についてお話していきましょう。


UVA
紫外線の中の高い割合を占めるものです。
エネルギーはさほど強くはないものの、波長が長く、影響は真皮層にまで及びます。

肌のハリを支えているコラーゲンや、エラスチンヒアルロン酸を作っている「線維芽細胞破壊します。また、メラニン色素の合成を増やすので、シミの原因になることもあります。

雲や窓も通過するため、曇りの日や、部屋の中でも対策が必要になります。



UVB
こちらは割合は低いものの、エネルギーはUVAより強いので注意です。

UVBは肌の表面で吸収され、火傷のようになる炎症(サンバーン)や、メラニン色素の沈着(サンタン)をひきおこします。

こちらは主に、屋外での日焼けで、赤くヒリヒリするのが症状の特徴です。

紫外線対策-日焼け止め

真皮層にも表皮にも影響を及ぼす紫外線。
やはり防がないといけません。
まずは紫外線対策の代表、日焼け止めについて学んでいきましょう。


PA+ (プロテクション グレイド オブ UVA)
紫外線のうちUVAを防いでくれるものです。

横の「+」は防ぐ度合いを示していて、

「++++」→極めて高い効果
「+++」 →非常に効果がある
「++」  →かなり効果がある
「+」   →効果がある

と、なっています。


SPF (サン プロテクション ファクター)
紫外線のUVBの炎症を遅らせてくれるものです。
UVBを完全に防げているわけではないことに注意しましょう。

SPFの横につく数字は炎症速度を何倍遅らせるか、ということを表しています。
SPF30なら30倍、SPF50なら50倍です。



どちらも、効果が高いものを使いたくなりますが、肌への負担も高いということを忘れないようにしましょう。
普段の日常生活なら、PAは「++」~「+++」SPFは35程度で大丈夫です。

〈肌に優しい日焼け止め商品例〉
(PA+++、SPF32)

ママアクアシャボン UVモイストジェルアロマバリア 80g アルコールフリーの日焼け止めUVジェル 外遊びやレジャーに虫よけアロマ配合の日焼け止めクリーム 11種類の美容保湿成分配合



長時間、屋外にいるような時はもう少し効果を高めても良いですが、それよりは、こまめに塗ることを心掛ける方が、肌への負担、紫外線対策としては良いです。


「日焼け止め 優しい」で検索↓

紫外線対策-UVカット素材・加工

日焼け止めの次に対策として挙げられるのが
UVカット素材・加工」です。どのようなものなのか見ていきましょう。


UVカット素材
紫外線を吸収・乱反射させる微粒子を素材として練り込んであるもの。
吸収剤が落ちにくいので、UVカットの効果が落ちにくいです。

また、衣服内の温度を下げてくれる、という嬉しい効果もあります。


UVカット加工
生地の表面に、UVカットの加工をしているもの。
こちらは洗濯などで少しずつ加工が落ちるため、2~3年が寿命です。


◎「衣類用UVカットスプレー」というものもあります。


◎防げるファッション
・帽子→日射病や頭皮・顔への紫外線を防ぎます。

・サングラス※→への紫外線を防ぎます。

※こちらは少し気をつける点があります。
UVカット加工がされているサングラスは、紫外線を90%カットできますが、されていないものは少し効果が劣ります。カット加工されていないガラスでもUVBは防いでくれますが、素材がプラスチックでカット加工されていないと、紫外線対策にはなりませんきちんとUVカット加工されているものを選びましょう


・日傘→体全体に当たる紫外線を防いでくれます。

さらに体感温度も下げてくれます。




一年中、紫外線は降り注いでいます。日焼け止めとUVカットされたファッション、両方を上手に使いこなし、しっかり紫外線対策をして美肌を手に入れましょう。




「UVカット素材(帽子/日傘など)」「UVカット加工(帽子/サングラスなど)」
「衣類用UVカットスプレー」
で検索↓

※「UVカット素材」は「加工」の物も一緒に表示されてしまうので、商品説明をしっかり確認してください。


〈新陳代謝を高めメラニンの沈着をふせぐ〉