メラニンの働きを知りましょう

シミの原因として知られている「メラニン」。
ただ悪さをしている物質なわけではありません。

メラニンの正しい働きについて、しっかりと学んで
いきましょう。

メラニンの働き

メラニンは、普段どんな働きをしているのでしょう
か。その働きについて、見ていきましょう。


メラニンは、肌の一番奥の「基底層」で、
「メラノサイト」により生成される物質です。
主に二種類のメラニンがあり、
フェオメラニン」と呼ばれる肌色メラニン、
肌や髪の毛を黒くし、シミを作り出す原因ともなる
ユーメラニン」です。


紫外線による外部からの刺激や、ホルモンによる内部
からの働きによって、活性酸素が増えると、
メラニンが生成されやすくなります。

これは、体がDNAの破壊を防いだり、皮膚がんの
発生を防ぐ防衛反応で、表皮細胞にバリアゾーン
形成するためです。


このように、「メラニン」は私たちの体を守る、
とても重要な物質なのです。

シミとなる原因

見てきたように、メラニンは肌を守る上でなくては
ならない物質です。それがなぜ、「シミ」という、
私たちには嬉しくないものを生み出してしまうので
しょうか。


通常のメラニンの発生度合いやスピードなら、
ターンオーバーにより排出され、シミとなることは
ありません。

一つの原因は、このターンオーバーが崩れている
ことです。
加齢や不規則な生活が原因で、ターンオーバーが
正常でなくなると、メラニンを排出しきれなくなり
その留まってしまったメラニンが「シミ」となります。
※ターンオーバーについて、詳しくは別ページ



他の原因として代表的なのは、「紫外線」です。
紫外線を過剰に浴びてしまうと、メラニンも過剰に
生成され、色素沈着を起こし、シミとなります。

さらに、生理前はホルモンの影響で、活性酸素
作り出され、紫外線の影響を受けやすくなるので、
よりメラニン生成がされる条件が高まるので、
注意が必要です。

※活性酸素も本来は、体を守る重要な物質ですが、
増えすぎると酸化してしまいます。それが、シミや
シワ、皮膚がんの原因へと繋がってしまいます。

メラニンの生成・排出を正常に

メラニンによってシミを作らせないためには、
ターンオーバーを正常にし、紫外線からの影響を
受けないようにする必要があります。


まずは、規則正しい生活をし、
さらに、正しいスキンケアをして
ターンオーバーを正常に保ちましょう。

その上で、紫外線対策をしっかりとしましょう。
紫外線対策は、お天気・季節関係なく、いつでも
必要です。雪の日ですら、雪面からの反射などで
紫外線の影響を受けますから、1年365日、太陽が
空にある間は、ケアが必要になります。

日焼け止めはもちろん、日傘や帽子、サングラス
などの日除けファッション、日陰に入るようにする
などの対策をして、しっかりと紫外線を防いで、
メラニンを増やしすぎないように、気をつけましょう。


メラニンを正常に保ち、しっかりと味方につけて、
健康で美しい「理想の美肌」を目指しましょう。



〈美肌ホルモンを整えるなら〉