美肌スキンケア〈化粧水を知る〉

洗顔の後に、何となく使っている化粧水。
そもそも何の為に、使っているのでしょうか。
美容液とは違うのでしょうか。

化粧水の働きを知って、しっかりとケアしていきましょう。

化粧水の働きとは

日々のスキンケアでは、クレンジングや洗顔、化粧水や美容液・乳液など様々なものを使っていると思いますが、どのような働きを持っているのか知らず、何の為にその商品を使っているか、曖昧な方も多いのではないでしょうか?

ここでは、「化粧水」の働きについて、しっかりと学んでいきましょう。


化粧水と美容液の違い
化粧水も美容液も、使った感じは水分が多く、潤いを与えているように感じます。どちらか1つでもいいのでは?と思ったこともあるかもしれません。でも、この2つにはきちんと違った役割があります。


化粧水
水分美白効果などの栄養を肌に届けます。届けることがメインなので、そこに留まる力が弱いです。

そのまま放置すると、肌についている水分が蒸発する時に、乾燥を招くので、肌にとってはダメージとなり、スキンケアとしては逆効果になってしまいます。


美容液
化粧水と同様、美白効果なども届けます。
美容液の場合は、化粧水より粘度があり、保湿効果があります。そのため、化粧水で得た水分や栄養をしっかりと保ちます

このあとに、乳液・クリームを塗ることで、フタを
し、しっかりと効果を閉じ込めます。

化粧水の選び方

洗顔料やクレンジング剤同様、化粧水も肌に合ったも
のを選ぶ必要があります。4つのタイプに分けて、
見ていきましょう。



(1)乾燥肌
セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリンなど、保湿効果の高い成分が配合されているものを選びましょう。また、とろみがあるものも効果的です。

〈乾燥肌向け化粧水 商品代表例〉

【保湿ケア】お肌のうるおいや保水力に着目した保湿化粧水「モイスチャライジングローション150ml」【etvos(エトヴォス)】【30日間返品保証】



(2)脂性肌
収れん化粧水を使いましょう。


(3)シミ・そばかすが気になる方
ビタミンC誘導体やアルブチン、ルシノール、トラネキサム酸などの美白効果成分が配合されているものを選んでください。

※美白成分についてはこちら
肌の悩み別〈しみ・そばかす〉


(4)敏感肌
1、3で含まれていた成分は入っていても良いですが、なるべく成分がシンプルなものを選びましょう。自分の肌に合うものがわかるまでは、成分をしっかり確認して、合わない場合はすぐに使用をやめましょう。

化粧水の種類と成分

ここで出てきた保湿成分や化粧水の種類について見ていきましょう。

成分説明
ここに載っているものは、ほんの一部ですが、1つずつ見てみましょう。


セラミド
表皮で水分保持などの働きをしている、体内で生成できる成分。

コラーゲン
真皮で水分保持の働きをしていて、体内で生成できる成分。

ヒアルロン酸
真皮でコラーゲンを支え、水分保持の働きをしている体内で生成できる成分。

グリセリン
肌にいる常在菌である善玉菌が、皮脂をエサとしたときに、分解されて作られる保湿成分



〈収れん化粧水〉
脂性肌に良い「収れん化粧水」とは、引締めローション、タイトニングローション、アストリンゼントローションなどと呼ばれるもので、皮脂を抑えながらも水分を保ち、毛穴を引締める効果のあるものです。

皮脂が多く毛穴が開きがち、肌のたるみが気になる方へおすすめの化粧水です。肌への負担もあるので、気になる部分のみに使うという方法もあります。




スキンケア商品には、たくさんの成分が入っていて、どれがどのように働いているのか覚えるのは大変だと思いますが、肌に負担を与えないためにも、しっかりと確認して使うようにしましょう。


〈導入化粧水 ナールスピュア〉


〈スープルトゥシェ/コラーゲン配合ローション〉

〈乾燥肌のためのトライアルセット エトヴォス〉