美肌スキンケア〈乳液・クリームを知る〉

スキンケアの仕上げに欠かせない乳液。さらに効果を理解して、美肌スキンケアへの気持ちを高めていきましょう。

乳液の役割

乳液は、スキンケアの終盤、化粧水・美容液が終わったあとに塗ります。なぜ、これらの後なのか、その理由を見ていきましょう。



乳液には、「エモリエント効果」があります。

エモリエント」とは、「皮膚を軟化させる」という意味で、その効果とは潤いや柔軟性、栄養分を保つというものです。

つまり、このエモリエント効果により、乳液は人工的な皮脂膜の役割を果たしてくれるのです。



乳液は、美容成分を閉じ込め、さらに水分蒸発を抑えて乾燥を防ぎ、さらに気化熱による肌の表面温度の低下を防ぐことで、保温してくれるのです。

乳液の種類

乳液には、美容液などと同様、効果によって種類の使い分けができます。美容成分を逃がさないで、さらに他の効果も期待できるのは嬉しいですね。

どのようなものがあるのか見ていきましょう。


〈保湿乳液〉
水分を保持する成分を含んだ乳液です。


〈保湿乳液代表商品例〉

《花王》ソフィーナボーテ 高保湿乳液(美白) とてもしっとり(60g)


セラミド:水分保持や肌のバリア機能として働きます。
月下香培養エッセンス:「月下香」という花の花びらを傷つけた時に生まれる「カルス」という再生力の高い細胞を、培養し厳選した成分。
肌荒れを素早く抑え、乾燥や摩擦などの外部刺激から肌を守ります。




〈紫外線対策・化粧下地乳液〉
紫外線をカットする成分、シミ、そばかすを防ぐ成分が入っている乳液。
化粧下地にもなる乳液です。


〈紫外線対策・化粧下地乳液:代表商品例〉

ラロッシュポゼ UVイデアXL ティント キット【2017年モデル】洗顔料付日焼け止め 化粧下地 乳液タイプ ターマルウォーター配合 乾燥肌 〜 普通肌 向け


紫外線をカットをし、化粧下地として、顔色トーンをアップしてくれます。シミ、そばかすを防ぎます。




他にも商品はたくさんあるので、肌の悩みに合わせて探してみてください。
〈「保湿 乳液」「紫外線 乳液」「化粧下地 乳液」で検索↓〉

クリームとは

乳液の後に、もしくは乳液の代わりにクリームを塗ることもあります。クリームの役割は、乳液とほぼ同じようなもので、 化粧水や美容液で得た成分を逃さないようにフタをします。

違いは、乳液より油分が多く、エモリエント効果が高いことです。

乳液かクリーム、どちらか一方を塗るだけでも良いですが、乾燥が気になる方や、乾燥しやすい環境・季節の場合は両方をしっかり塗ると良いでしょう。

〈保湿クリーム代表商品例〉

パックスナチュロン エモリエントクリーム (保湿クリーム) 35g PAX NATURON 太陽油脂 *


しっかりとスキンケアの順番を守って、最後までやることで、素敵な美肌を目指しましょう。

〈保湿力の高いジェルトリートメントが美容成分を閉じ込めます〉