脂性肌のスキンケア〈保湿〉

脂性肌は、皮脂の多さから、なんとなく潤っているつもりになって、保湿を怠ったりしていませんか?

脂性肌だからといって、乾燥しないわけではありません。むしろ、水分が足りてないせいで皮脂が多く分泌されていることすらあります。

正しい保湿を見ていきましょう。

収れん化粧水

皮脂抑制の代表的な保湿方法は「収れん化粧水」です。


収れん化粧水とは、毛穴や肌を引き締めて、皮脂分泌を抑える化粧水です。もちろん、水分も補います。

アルコールが多く配合されていることがあり、その場合は清涼感があります。
その他に配合されている成分も、主に肌の引き締めに効果があるものが多いです。(ビタミンC誘導体、植物抽出エキス:ハマメリスエキス など)

保湿成分は、通常の化粧水同様、製品によって配合されているものが違います。(セラミドヒアルロン酸など)


皮脂を抑制する効果がありますので、乾燥肌敏感肌肌荒れをおこしている方は使わないようにしましょう。

〈収れん化粧水 商品代表例〉

資生堂 エリクシール シュペリエル フレッシュアップ トーニング 170ml (収れん化粧水)



脂性肌だからといって油断せず、乾燥しやすい目元や口元は部分的にさらに保湿をするなど、油分が足りていないところを見落とさないように気をつけましょう。

食事でケア

皮脂分泌を食事でコントロールすることもできる場合があるので、以下の点に気をつけてみてください。

体質により控えるべきもの
ナッツ類、揚げ物、ラード、マーガリン、バター、
砂糖、アルコール、香辛料


皮脂の分泌を抑えてくれる食べ物
(ビタミンB2)ウナギ、海藻、卵、ヨーグルト、レバーなど
(ビタミンB6)小麦胚芽、大豆、マグロ、サバ、レバーなど


どんな肌でも正しいスキンケアを続けることが大切です。油断することなく、洗顔をきちんとし、保湿をしっかりとして、油分と水分を保持しましょう。



〈油分と水分の黄金比〉


〈人型セラミドでしっかり保湿〉