ニキビ対策〈ピーリングとは〉

ニキビ対策として、よく取り上げられるピーリング。肌に刺激が強すぎるという噂を聞いたり、化学的に溶かすと聞いたりして、危ないものじゃないかと心配になってしまいます。

ピーリングを正しく知って、怖がることなく適切にスキンケアをしていきましょう。

ピーリングが必要な肌

ピーリングが不要、もしくはやらない方がいい肌というものがあります。スキンケアがムダになる、というよりもより悪化させてしまうこともあるので、自分の肌にピーリングが必要かしっかり見極めましょう。


ピーリングが不要・しない方がいい肌
・ターンオーバーが正常な肌
・敏感肌
・極度な乾燥肌
・傷がある肌


このような肌の場合はピーリングはしない方がよいです。それぞれに合った、別のスキンケアをきちんとしてください。


逆に言えば、これ以外の肌にはピーリングをした方がいいということになります。

ピーリングをした方がいい肌
・ターンオーバーが正常ではなくなっている肌
・脂性肌
・毛穴の汚れが気になる肌 など


ピーリングがこのような肌にどう効果があるのか、次を見ていきましょう。

ピーリングとは

ピーリングとは、肌の古くなって不要になった角質を「剥がす」ことです。


肌の新陳代謝として、常に肌の深部(基底層)から新しい肌の細胞が作られて送られてきます。これがターンオーバーです。

このターンオーバーが、何らかの原因で上手く作用せず、古い角質を剥がせないままでいると、肌がゴワつき、いろんなトラブルを引き起こします。毛穴詰まりニキビなどもその一つです。


その古い角質を人工的に剥がし、古い角質を溜め込まないようにするのがピーリングなのです。

どう「剥がす」のか

ピーリングと一口に言っても、様々な種類があります。私達が家でできるピーリングについてまとめてみたので見ていきましょう。


まずは成分についてです。
」の力を利用して、古い角質を剥がします。

・グリコール酸、乳酸、フルーツ酸(クエン酸など)→AHA

・サリチル酸など→BHA


日本人にはAHAの方が合いやすいようです。ですが、どんな成分でも合う合わないがあるように、酸の種類でも自分に合うかどうかを知る必要があります。しっかり成分を見て、自分に合う成分を覚えておきましょう。



次に、使用する方法による違いです。いくつか種類があるので、見ていきましょう

スクラブタイプ、拭き取りタイプ
効果はしっかりあるのですが、どちらも刺激が強めなので、擦り過ぎに気をつけて使いましょう。

〈スクラブタイプ 商品代表例〉
(グリコール配合)

ルコラスクラブパック 500g スクラブ 洗顔 洗顔料 毛穴 黒ずみ ピーリングジェル 角質除去 保湿 スキンケア 乾燥肌 敏感肌 雑誌掲載【はこぽす対応商品】



〈拭き取りタイプ 商品代表例〉
(グリコール酸、乳酸、フルーツ酸配合)

AHA拭き取り型ピーリングローションフルーツ酸(グリコール酸・乳酸)8.5%配合アミノ酸&各種植物エキスも配合毛穴やニキビ対策にトゥヴェール 楽天



「ピーリング スクラブ 顔」「ピーリング 拭き取り」で検索↓



ピーリング洗顔料
洗顔料にピーリング剤が配合されているタイプです。いつもの洗顔料をピーリング剤配合の洗顔料に替えて使います。上記二つに比べて、優しい配合濃度・量のものが多いでしょう。

〈ピーリング洗顔料 商品代表例〉
(グリコール酸配合)

ニキビ ピーリング ニキビケア 洗顔フォーム セラ AHAクリアウォッシングフォーム



「ピーリング 洗顔料」※で検索↓

※スクラブタイプも一緒に表示されてしまうので、商品説明をよく読んで、お好みの洗顔料を探しましょう。



肌が赤くなったり、腫れたりしたら、すぐに使用を中止しましょう。 けれど、脂性肌やニキビ、毛穴の汚れなど、気になるトラブルには必要以上に怖がらずにピーリングを試してみるのも一つの対策かもしれません。



〈ソフトピーリング剤:グリコール酸・乳酸配合クレンジング〉