素人でも判断できるポイントをピックアップ!

車の外装チェックポイント


チェック表のイメージ 中古車を購入する際は、販売店で購入を検討している時、納車時と、いずれかで必ず実際のクルマを見る機会があります。

中古車の状態は千差万別、そのコンディションを見極めるのは初心者にはかなり難しい話です。いざそのときになると、一体どこを見ていけばいいのかわからなくなってしまうのではないでしょうか?

でも、だからといって、販売員の方の言うままに購入を決めてしまっては、その後のカーライフの満足度も違ってきてしまいます。

素人でも判断できるポイントをしっかりチェックして、納得の1台を探してみませんか?

このページでは、クルマの外装など外からチェックするポイントを簡単にまとめてみました。

車の外からチェックするポイント

実車をチェックするのは晴れた日がおすすめです。日が暮れてしまうと、キズ等の確認がわかりにくくなるので避けます。

事前に販売店へ連絡しておけば、スムーズに見て回れるようです。

ボディ
ボディで気になるのは修復した痕跡ですが、残念ながらプロでもなければ見つけることは困難です。

気になる人は、修復歴のあるクルマを扱っていないお店か、しっかり情報を開示しているお店を選ぶのがおすすめですよ。

素人でもできるチェックポイントとしては、ボディのすき間が均一かどうかを見ます。歪みがある場合、修復歴の有無を確認。ある場合はどういった部分を修復したのか、走行に問題がないかどうかなどを確認する必要があります。

それから、キズやへこみなどを確認しますが、中古車は大なり小なりキズがあるのが普通です。

価格に納得できて、クリーナーで消える程度のものならOK。気になるようなこすったキズや、ぶつけたキズがあったら、値段内で直してもらえるかどうか確認します。

ウインドウ
注意して見ておきたいのは、ウインドウの状態です。キズやヒビがあると車検に通らなくなるので修理する必要が出てきます。

小さなものでも振動や温度差の影響で後で大きくなることがあるので、異常を見つけた場合、販売店に対応してもらえるかどうか確認します。

タイヤ
4本とも同じ銘柄を装着しているか、溝の減り方に左右で違いはないか、ヒビはないか、その他ホイールのキズの有無も確認します。

それから盗難防止用のロックナットを使用している場合、忘れないように対応したアダプターの有無を確認します。もし、ないままでいると、別途購入することになってしまいます。

マフラー
マフラーは消耗品のため、補償対象外となっていることが多いようです。

車検では既定の音量以下でないと通らないので、状態的にさびなどの心配が考えられるならチェックしておきたい部分です。クルマの下へ潜り込まないといけないので、ちょっと大変ですが…。

社外品のスポーツマフラーを装着している場合、車検に対応しているかどうか確認する必要があります。


矢印のイメージ 「中古車の買い方」一覧へ戻る