ネット通販は、初心者にとっても情報量の多さが魅力

新しい購入スタイル、実車チェックをしないネット通販

公開:2013/010/26 | 最終更新:2015/12/20

パソコンを使うイメージ 中古車購入で実車チェックするのは当たり前、実車チェックせずに購入するのは危険な行為──

ネットが普及するまでは、それが中古車の常識でした。

でも、今やネット通販を利用しない人のほうが少数派になっているのではないでしょうか?

購入の決定をしなくても、ネット上の情報を参考にする人は大勢います。そのまま購入に至る場合も少なくありません。

これまでの常識でいうと、とても非常識な人が増えています(笑)

実店舗とネット通販に関するメリット、デメリットに関しては「実店舗?通販? 中古車を買うならどこがいい?」を見てもらうとして、このページでは、これからの中古車購入では避けて通れない、ネット通販の活用法についてもう少し掘り下げて見ていきます。

「実車チェックをしない」というデメリットを補ってあまりある魅力がある

距離を埋める代替サービス
ネット通販は全国のクルマが検索対象となるので、 実店舗で中古車を探すのに比べて選択肢が飛躍的に広がります。

希少で珍しいクルマでも見つけやすく、とても便利です。

店舗独自のサービスを受けるのは難しいことが多いですが、 JAFやJRSなどの全国展開しているアフターケアを付けてくれる店舗が多数あります。

また、全国にネットワークを持つ中古車販売店であれば、遠方のクルマを購入した場合でも、近所のお店でアフターサービスを受けることができます。

豊富な情報量
そして、ネット通販の魅力には、何といっても電話や雑誌にはない情報の多さがあります。

エンジンなどの機関部や内外装のコンディションといった車両の状態も、メールに添付した画像で細部まで確認することができるお店があります。

ハンドルの擦れやシートのヘタリぐあい、修理代が高くつくタバコのこげ跡といった気になる部位は、重点的に複数の画像で確認することができるので、実車で確認したときと負けないほどの情報収集が可能となります。

プロの評価を活用できる
写真だけで判断するのは不安なものですが、ネット通販ではプロの評価を活用できるのも魅力です。

これは個人で実車チェックするだけでは得られない情報でもあります。

例えばGoo-netでは、「Goo鑑定」というシステムがあって、第三者機関がそのクルマを実際にチェックし、外装、内装など数多くの項目に点数を付けています。

ガリバーでは、独自の細かな判定基準をもとに、6段階で評価する「車両状態表」が提示されます。

こうした具体的なプロの評価は、初心者にとってもとても参考になる情報となるはずです。


矢印のイメージ 「中古車の買い方」一覧へ戻る



こちらの記事もおすすめ
>> 実車チェックのために必要なものは?
>> プライスボードを確認しよう
>> 車の外装チェックポイント
>> 車の内装チェックポイント
>> 車の機関部チェックポイント
>> 試乗する際はどこを確認すればいい?