実は査定額が変動しているってご存じですか?

査定したらいつ売るの?売るのに期限とかあるの?

公開:2013/04/30 | 最終更新:2015/12/23

チェック表のイメージ 査定してもらったら、いつ売るか? それは、出てきた査定額に満足したら「すぐに手放す」が正解です。

思い出が詰まっていたり、愛着があるクルマほど、気持ちの整理を付けるのは大変かもしれません。でも、「中古車の価格は人気が決める」でも紹介したように、中古車の価格はオークションの相場で価格が決まっていきます。

オークション相場は刻一刻と変化するので、買い取り額もそれに伴って変化していくのです。

査定をしても売却に期限はありませんが、愛車の価値が下がる可能性は十分にあります。

特に中古車購入が活発になる1~3月や、ボーナス前、9月の中間決算の時期は、相場が大きく動く傾向があるので、査定士の方から提示された金額も、次の日には変わっていると考えたほうがいいみたいです。

ちなみに、中古車が動くシーズン中の査定額の有効期限は、基本的には「その日のみ」、長くても「数日程度」なんだとか。

査定の鮮度はあっという間ですね。

はっきりした査定額が出てこない場合もある!?

査定士の方がいつ売るのか聞いてくることがよくありますが、これは「生き物」とも称される相場のためとも言えます。

今現在のきちんとした査定が欲しいときは、こちらにも売る意思があることを明確に伝える必要があるのです。

もしすぐに手放さない場合は、初心者は事前にその旨を査定士に伝えておいたほうがいいようです。

もちろん、すぐに手放さないとなると、その間に相場が下がるリスクを回避しようという判断が加わるので、どうしても低めの査定になってしまうことが多いようですが、「こんなはずじゃなかったのに!」という期待外れでがっかりすることは避けられます。

車の売却には駆け引きもありますが、曖昧な回答にはどうしても曖昧な査定しか出てきません。

いつの時点の査定額を出せばいいのかわからずに査定をするなら、これは当然の結果ですよね。

査定から契約まで、どうしても時間が空いてしまう場合は、提示された査定額がどれくらいの期間を想定しているのか、念のため確認しておくといいと思います。

売ると決めたら、すぐに手放したほうがいい理由

それから、まれなケースかもしれませんが、査定が出た後にキズを作ってしまうリスクがあります。

キズの程度にもよりますが、せっかくの評価を下げてしまう原因になってしまうことも。

どれだけ気を付けていても、引き取りまでに時間を空けていると、そのリスクは高まるだけです。

クルマが必要なのに代車の都合が付かないなど、何か特別な事情がない限り、査定額に満足したら、やはり「すぐに手放す」のがおすすめです。


矢印のイメージ 「中古車のことを知ろう」一覧へ戻る