中古車は車両価格と諸費用が別々になっている

低価格の中古車を探すなら、コミコミ価格で探すべし

公開:2013/04/29 | 最終更新:2015/12/28

車のイメージ クルマの価格は「車両価格のみ」が表示されていて、その他に税金や保険などの諸費用がかかることが多いです。

これは店頭のプライスボードもそうですし、ネットの中古車情報もそうです。

一見とても安く見えるのに、必要経費を全て足すと、そこそこの値段になってしまうことがあるので要注意です。

これは少しでも安く感じることで、「買ってもらおう」という意識が働いているので仕方のないところですが、最初からトータルコミコミ価格で表示されているほうが、ユーザーにとってはわかりやすいですよね…。

でも、ガリバーの場合、登録から保証まで含めた「コミパケ」というパッケージ売りの低価格車があるんですよ。

クルマの提案をしてもらう時に「コミパケを利用したい」と伝えれば、提案の中に入れてくれるはずです。

全部こみこみで60~70万円だから予算が立てやすい

「コミパケ」というのは、購入時にかかる登録費用、点検・整備費用、税金などの諸費用と、全部コミコミで60万円以下に抑えたガリバーの低価格・高品質のパッケージ商品です。

通常の車両価格のみの表示と違い、諸費用を含んだ価格なので、支払い総額がわかりやすくなっているところが大きなポイント。陸送費だけ別なので、気にする部分はそこだけです。

でも、ガリバーの陸送費は一部を除いて全国一律なので、一般の中古車屋さんよりは予算が立てやすいんですよ。車検が付いている物件が多いので、購入後のコストをかけずに済むケースが多いところも魅力です。

60~70万円代のリーズナブル車両が取り扱われているので、価格を抑えて中古車を探したい人は要チェックです。

コミパケには、点検・整備・仕上げ・保証も付いている

ガリバーでは買い取ったすべての車両を、販売前に自社の納車整備センターで再チェックしています。

この中から、年式、走行距離、外装、機関の状態など、ガリバー独自の基準をクリアした厳選車両のみをコミパケU60向けの商品として選定されています。

厳選された車両は、エンジンなどの機関系、エンジンブレーキ、ミッションなどの駆動系など、最大162項目の点検・整備を全車に実施。

少し目立つキズやへこみは、板金補修できれいに補修され、細かいキズはバフ掛け作業でピカピカの塗装面に仕上げられています。

気になる内装も、室内の隅々からシート全体もクリーニング。ダッシュボードやエアコンの吹き出し口も専用のクリーナーできれいに洗浄されています。

そして、ガリバー車両だけあって、「あんしん保証」も全車に付いているので、「中古車でもやはり安心感が欲しい」という人におすすめです。

ラインナップが意外と豊富

2009年から続くシリーズだけあって、コミコミで60万円以下となる「コミパケU60」の他、高年式・低走行を厳選した60万円以上となる高品質志向の「コミパケ特撰」、さらに低価格帯を集めた50万円以下となる「コミパケU50」など、自分に合わせてさらに細かく探すことができるようになっています。

ただ、コミパケシリーズに関する情報は、ネット上からは探すことができないようです。

ガリバーサイトの検索で、「コミパケ」とか「コミパケU60」といったキーワードを入れても該当車両は表示されませんでした(汗)

「コミパケ」から中古車を探したい人は、「中古車ご提案サービス」に問い合わせるか、店舗へ出向いて情報を見せてもらうことになるようです。


矢印のイメージ 「特集」一覧へ戻る



こちらの記事もおすすめ

>> ガリバーにお任せの「中古車ご提案サービス」ってどんなサービス?
>> 中古車のガリバーってどんなお店? その特徴と活用法