セミナー(有料講習)は利用すべきか

自分のお金は自分のためにいくらでも投資するべき

電験の勉強において、有料の講習や、セミナーを利用することに関しては、推奨の意見もあれば、不要であるとの意見もあります。
要は独学でも最終合格は可能かという問題に達するのですが・・・



なぜか、電験を含め資格取得に関して言えば、日本では「独学」で合格する。ということが理由もないステータスとなってしまっている傾向にあり、ネット界でも「独学合格」というワードが大量発生しています。



要は皆お金をかけたくないようですね。



そんなに有料のセミナーや講習に参加するのは「邪道」なのか?、



私の経験上でいえば資格なんて、取ってしまえば問答無用、金のチカラに物を言わせ、独学で失敗を繰り返す金のない若者どもを鼻で笑ってやればいいのです!

我々中年世代は、酒やギャンブル、無駄な浪費はこれまで嫌という程してきたはず



折角苦労してためてきた貯金・・・少しぐらいは有意義に使っても誰も文句は言いません!
中高年にとってフトコロ事情は、若い世代より多少の余裕はあるはず・・・、お金がない学生の頃は、参考書1冊買うのにも躊躇していたあの日々・・・ああ今ぐらいの余裕があれば・・・



ちなみに私がこれまで資格取得に費やしたトータル金額は、セミナー代、参考書代、諸経費諸々入れて10〜20万くらいってとこでしょうか。



高いと思いますか? 



あなたがこれまで浪費してきた、酒、タバコ、競馬、パチンコ、株、etc.積み重ねた金額と比較してどうでしょう?



よ〜く考えてみてください

一度取得してしまえば電験は一生涯消えることはありません。

(たとえ脳が退化し電気の記憶がゼロになってしまっても、です。)

自分のお金は自分のために使いましょう。