府中試験場での仮免学科試験

府中試験場での仮免学科試験の受験方法。

府中試験場での仮免許の学科試験について説明していきます。

学科試験は事前の申し込みなどは必要無く、受けたい日の受け付け時間に直接試験場に出向きます。

府中試験場の学科試験の受け付け時間は
午前の試験を受ける場合 8:30~9:15
午後の試験を受ける場合 9:30~11:40

目の検査などの適性試験の受け付けはそれぞれ10分前まで
(午後の場合は9:05まで、午後の場合は11:30まで)
となってますので、ギリギリに行く方は気を付けてくださいね。

建物に入って右側の受け付けで必要書類の確認、受験料の支払いをします。
受験票などをもらったら今度は左側の目の検査に並ぶという流れです。

この時点では取り消し処分者講習を受けてなくても問題ありません。

この適性試験の後に、今度は2階の学科試験の受け付けです。
こちらも結構混雑する場合がありますのでお早めに。

試験の時間が近づいたら指示された試験室に行き試験を受けます。

制限時間は30分、50問で45点以上で合格です。

*筆記用具は用意されたものを使うので必要ありません。

必要な物のまとめ


(1)本籍(国籍)記載の住民票と、健康保険証やパスポートなどの本人確認書類

(2)既に原付などの運転免許証をお持ちの方は運転免許証

(3)写真(縦3cm×横2.4cm)

(4)受験料3000円