受験料について。

府中試験場の直接受験の受験料

仮免試験の受験料

府中試験場の直接受験で免許を取得する場合、受験料が少々ややこしいシステムですので
具体的に説明したいと思います。

仮免試験に必要な費用
・受験申請手数料     ¥3,000-
・試験車両使用料     ¥1,550-
・仮免許証交付申請手数料 ¥1,100-

基本的には以上ですが、すべて一発で合格した場合です。
まず仮免学科試験の受験の際、「受験申請手数料¥3,000-」を支払います。
不合格の場合は次の受験の時に「受験申請手数料¥3,000-」をもう一度支払います。(これはわかりますね。)

合格の場合は技能試験の受験のため「試験車両使用料¥1,550-」を支払い、技能試験の受験をします。
技能試験合格の場合は「仮免許証交付申請手数料 ¥1,100-」
を支払い、仮免許証の交付となります。

問題は技能試験が不合格の場合の次回の技能試験。
技能試験しか受けませんが、「受験申請手数料¥3,000-」がもう一度必要となり、試験車両使用料の「¥1,550-」と合わせて、技能試験の受験に必要な費用は
「¥4,550-」となります。
合格するまで何度でもかかってしまう費用です。

本免試験の受験料

同様に

本免試験に必要な費用
・受験申請手数料     ¥2,200-
・試験車両使用料     ¥850-
・免許証交付申請手数料  ¥2,050-

まず学科試験の受験の際、「受験申請手数料¥2,200-」を支払います。
不合格の場合は次の受験の時に「受験申請手数料¥2,200-」をもう一度支払います。

合格の場合は技能試験の受験のため「試験車両使用料¥850-」を支払い、技能試験の受験をします。
技能試験合格の場合は「免許証交付申請手数料 ¥2,050-」
を支払い、免許証の交付となり終了です。

やはり問題は技能試験が不合格の場合の次回の技能試験の受験料。
技能試験しか受けませんが、「受験申請手数料¥2,200-」がもう一度必要となり、試験車両使用料の「¥850-」と合わせて、技能試験の受験に必要な費用は
「¥3,050-」となります。
合格するまで何度でもかかってしまう費用です。

試験場で言われたとおりに支払う受験料ですが、詳しくはこんな感じです。