返礼品を選ぶ前に、自分の寄附額の上限を調べます。 そのときに使うのが「控除金額シミュレーター」です。

寄附金額を決める

自治体に対して「ふるさと納税」(寄附)を行うと、寄附金から自己負担分2,000円を差し引いた額が、翌年の税金から控除(減額)されます。

例えば30,000円を寄附した場合、税金から28,000円が控除されるのです。

ですが、無制限に幾らでも寄附をしてよいというわけではありません。
寄附金には、各人の年収や家族構成に応じた上限が設けられています。

ですから、もしも 30,000円が上限の人が50,000円の寄附をしてしまうと、自己負担分は 2,000円ではなく、22,000円となってしまうのです。


『楽天ふるさと納税』の中には、この上限額の計算をしてくれる「控除金額シミュレーター」という便利な機能(ツール)が付いています。


使い方は、以下のようになります。

①まずは、『楽天ふるさと納税』のトップページに入ります。

  こちら >> 楽天ふるさと納税

②次に、グローバルナビゲーションの「はじめてガイド」をクリックします。

控除金額シミュレーター01


③プルダウンメニューの中の「控除金額シミュレーター」をクリックします。

控除金額シミュレーター02


④「控除金額シミュレーター」の入力フォームが表示されるので、
  必要事項を入力します。

控除金額シミュレーター03

    ①・・・自分の年収(予定額)を入力します
    ②・・・配偶者は専業主婦なのか、労働収入はあるのかを入力します
    ③・・・扶養家族の人数を記入します
    ④・・・自己負担額2,000円で済む寄附金額の上限が表示されます。


以上の情報を入力することにより、自分の寄附金額の上限(概算)が自動で計算されるのです。

 >> ふるさと納税はじめてガイド - 寄附金控除シミュレーション

これは便利です。


そして、この計算結果をもとに、寄附金額(申し込む返礼品の額)を決めるわけですが、これはあくまでも「目安」です。

何故ならば、実際に年収が確定するのは “寄附をした後” だからです。


上限額いっぱいまで先に寄附をしてしまい、自己負担額が2,000円を超えてしまわないように注意したいところです。