楽天ふるさと納税では、ショッピング感覚で寄附の申し込みができます。

寄附の申し込み

ふるさと納税(寄附)の申し込み方法は自治体によって異なります。

郵送で行う場合、FAXで行う場合、eメールや電話での申し込みが可能な場合など、各自治体によって申し込み方法は様々なのです。

さらに決済の方法も、銀行振込、現金書留、クレジットカードなどいろいろあります。

そして大事なのは、この決済が完了してはじめてふるさと納税の手続きが完了するということです。


申し込んだ時点で手続きが完了していると勘違いしてしまいがちなので、注意したいところです。


そして、これらの諸々の問題を解決してくれるのが、インターネットのポータルサイトを介しての申し込みです。


キーボード入力


決済の完了が必要なのは同じですが、申し込みの時点で支払いの手続きもしてあるので、ある意味、申し込み時点で手続きは完了しているとも言えます。

また、ポータルサイトに対して申し込みますので、寄附をする自治体によって申し込み方法が異なるということもありません。


あらゆる点から考えて、ふるさと納税は自治体に直接申し込むよりは、ポータルサイト経由の方がお薦めです。


そして、「楽天ふるさと納税」には、これらのメリットに加えて “ふだんのショッピング感覚で寄附ができる” という良さがあります。

具体的な申し込みの手順は、以下の通りです。


①「楽天ふるさと納税」のページに入り、返礼品(寄附先)を選びます。

   こちら >> 楽天ふるさと納税

例えば、ランキング第1位の「北海道海鮮紀行いくら」を選び、マウスでクリックします。

楽天ふるさと納税_申込画面


②必要事項を記入(選択)

すると返礼品の個別ページに移動しますので、ここで必須事項を記入(選択)します。

楽天ふるさと納税_申込画面01

この画面では、寄附の使い道なども選ぶこともできます。

特に注意すべき点は、4番目の「ワンストップ特定制度の申し込み書の送付について」を忘れずに『要望する』にしておくことでしょうか。


③購入手続き

楽天ふるさと納税_申込画面02

「買い物かご」の中身に間違いがなければ、購入手続きへと進みます。

楽天ふるさと納税_申込画面03

ログインしていない場合は、ここで楽天IDでログインします。

※会員でなくても、寄附の申し込みは行えますが、会員でない場合は、
 獲得予定ポイント(この例の場合は200ポイント)は付与されません。

手続きが簡単な上に楽天ポイントが貯まるのが、楽天ふるさと納税の特徴ですので、会員登録されることをお薦めします。


④寄付(注文)の確定

楽天ふるさと納税_申込画面04

最終画面の記載内容に間違いがなければ、「注文を確定する」をクリックして、寄附は完了です。