「岩盤浴」とは何か?「お湯を使わない風呂」ともいわれる岩盤浴について知りましょう!

「岩盤浴」とは?

「岩盤浴」とは、温めた岩や石の上で横になって汗をかくサウナのような風呂の一種ですが、お湯を使わないため「お湯を使わない風呂」ともいわれます。天然では、秋田県の玉川温泉などが有名です。
温度はサウナより低い45℃前後で、湿度もあるので、気持ちよくサラサラした汗をかくことができます。
岩盤からは、遠赤外線マイナスイオンなどが放出されており、身体の中に溜まった毒素や老廃物を排出して、デトックス効果を得ることができます。

「岩盤浴」とサウナの違い

サウナは高温によって身体の表面から温めるのに対し、岩盤浴は身体の内側から温めます。これは、岩盤から放出される遠赤外線やマイナスイオンによるものです。そのため、岩盤浴の場合は、汗が汗腺からではなく、皮脂腺から出るようになり身体の中に溜まった毒素や老廃物を排出しやすく、サウナよりもデトックス効果が高くなります。

「岩盤浴」のダイエット効果

岩盤浴のデトックス効果は、ダイエットにも効果を発揮します。しかし、デトックス効果だけではなく、脂肪を燃焼させる効果もあるので、さらにダイエットをより促進させてくれる効果があります。

「岩盤浴」のその他の効果

身体を温めて血液の流れが良くなるので、あらゆる効果をもたらします。
冷え性や神経痛、肩こりの改善を期待できる他、自律神経を整えたり、免疫力のアップ、新陳代謝のアップ、ストレスの軽減などが期待できます。

「岩盤浴」の注意点

大量の汗をかくので、脱水症状になるおそれがあります。岩盤浴前後には十分に水分補給をすることを心がけて下さい。


「岩盤浴」を避けたい方

・心臓病・糖尿病・肝臓病・腎臓病・脳疾患などの重い病気を患っている方
・下肢静脈瘤・静脈炎の方
・火傷・打撲・捻挫・骨折・肉離れ・内出血・発熱・炎症などを伴う怪我を
 されている方 ・伝染性皮膚病の方
・泥酔状態か気分の悪い方
・妊娠中の方