岩盤浴の汗がサラサラの理由を知ると岩盤浴に行きたくなるかも?

岩盤浴の汗がサラサラな理由

人体には、皮膚と脳に温度センサーがあります。
皮膚の温度センサーは主に表面の温度を感知し、脳に温度センサーは身体の深い部分の温度を感知します。
この温度センサーのどちらが感知するかによって、サラサラになるかベトベトの汗になるかが決まります。

続いて汗がサラサラになる条件は、次の2つがあげられます。
 1.水に近い薄い濃度であること(血漿のミネラル成分が少ない)
 2.汗の粒が小さく細かいこと

汗の原料は血液なのですが、汗腺は、汗をかく時には血漿の成分を失わないように再吸収という作業を行います。そして、残りの水分を汗として排出しています。これは、汗がゆっくりと出た場合の濃度の薄いサラサラした汗です。しかし、急激に一気に流れ出た汗の場合は、この再吸収する余裕がないために血漿もいっしょに流れ出たベトベトした汗になってしまいます。

この現象を人体の温度センサーに当てはめてみると、皮膚のセンサーの場合は、素早い対応が要求されるため、急激に一気に、つまり、ベトベトした汗になります。
対して、身体の深い部分の温度を感知する脳のセンサーが働いた場合は、ゆっくりと血漿が再吸収されたサラサラした汗になります。


岩盤浴の場合、遠赤外線が身体の深い部分まで浸透するため、身体の深部の温度が上昇し、脳のセンサーが感知してサラサラした汗が出ます。
これが、岩盤浴の汗がサラサラの理由です。

岩盤浴の汗は、なぜ臭くない?

通常、汗をかくとニオイ、つまり、汗臭くなります。
これは、汗の成分にニオイのする成分が含まれているためです。このニオイの正体が血漿に含まれるナトリウム、カリウム、などのミネラルやアンモニア、乳酸などです。また、雑菌の繫殖を助けるアルカリ性の重炭酸イオンもニオイの成分になっています。

一方、岩盤浴でかいた汗は時間がたっても臭くありません。
これは、先ほどの岩盤浴の汗がサラサラになる理由と共通するものがあります。つまり、血漿のミネラルやニオイの成分が少ないので臭くなりません。
しかも岩盤浴の汗には水道水の塩素や合成界面活性剤も含まれていないので、高品質な天然の保湿剤でもあります。私たちは汗をかいたらシャワーなどで洗い流すのが普通ですが、岩盤浴の汗の場合はむしろ逆で洗い流すのは大変もったいないことです。

岩盤浴の汗は全身の汗腺を刺激?

人間の汗腺は、全身に400~500万あるといわれています。
しかし、通常はそのすべてを使っているわけではなく、約半分くらいしか使っていません。残りの半分は休止状態にあります。

人間の汗腺は、脳に近いところほど発達しています。逆に脳から遠くなるほど汗腺の機能は低下します。
更年期の女性が、ホットフラッシュで上半身に大量の汗をかいているのに、手足に汗をかかないのはこのためです。

岩盤浴の場合、全身を岩盤に横になっているためにバランスよく全身の汗腺が温熱作用を受けます。これによって普段使われていない汗腺も刺激を受け、部分的な汗ではなく、全身にゆっくりとサラサラした汗をかくことができます。

玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 玉川岩盤浴 敷パッド&掛け布団セット ベージュ無地

玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリ
ーズ 玉川岩盤浴 敷パッド&…

¥146,880(税込)

○「玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ」に敷パッドと掛布団が登場!○敷パッド、掛布団のセットでお届け!・敷パッドには四隅にゴムバンドがついてズレる心配もなし。・掛け布団には上部にポケットファスナーがついており、季節に応じて お手持ちの掛布団または毛布を中に入…

拡大画像を見る
玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 玉川岩盤浴 敷パッド&掛け布団セット ベージュ無地玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 玉川岩盤浴 敷パッド&掛け布団セット ベージュ無地をカートに入れる