岩盤浴の汗は、サラサラで拭き取ってしまうのがもったいない自作の保湿剤

通常、私たちはをかくとベタベタしたり、ニオイがしたりするのがイヤなので、タオルで拭き取ったり、シャワーで洗い流してしまいます。
ところが、岩盤浴の汗に関してはちょっと事情が違います。

岩盤浴の汗は、自作の保湿剤

岩盤浴の汗は、サラサラした汗でほとんどが水分のためニオイがなく、なおかつ内側から水分が出ていくのを防ぐ保湿作用があります。さらに皮膚の免疫力を高める効果もあります。
このように岩盤浴の汗は、私たちの健康に役立つ自作の保湿剤なのです。
こんな汗なのですから、すぐに拭き取ったり、洗い流したりするのは大変もったいないことです。

岩盤浴の汗の活用法

岩盤浴の汗はできれば自然のまま放置しておきたいところですが、大量にかいた時は、そうもいかないと思います。
その場合は、できればシャワーで洗い流すよりは、タオルで軽く拭き取る程度にとどめるようにしましょう。岩盤浴の汗は、1回目よりも2回目、3回目のほうがサラサラしたいい汗をかけます。なので、なるべく複数回入浴して最後にかいた汗を残すようにするのがおすすめです。
また、どうしても汗のニオイが気になるという方は、直接肌ではなく、衣服に消臭剤を使用するようにするのがいいでしょう。

このように岩盤浴の汗は、通常と逆で身体には非常に有益な汗です。その有益性を理解して岩盤浴に臨めばその利用方法もさらに有意義なものになるはずです。