高齢者の岩盤浴は、一般的なお風呂の入浴より安全

さまざまな効果が期待できる岩盤浴ですが高齢者が行う場合の安全性はどうでしょうか?
ここでは、一般的なお風呂と比較した場合の入浴と比較してどうなのか、みていきます。

皮膚への影響

岩盤浴を行う場合、お風呂で入浴する時のように裸になることは、まずありません。浴衣など衣服を着用し、しかも岩盤浴の上には毛布かタオルを敷きます。皮膚表面の温度変化もお湯よりずっと少ないといえます。
したがって、お湯のように直接皮膚に触れることがないため、刺激もなくお風呂より安全といえるでしょう。

血圧・心臓への影響

最も大きな問題が、血圧・心臓に与える影響ではないでしょうか?
高齢者が入浴中や入浴後に倒れるという事故がたびたび問題になっています。

一般的に岩盤浴施設の室温は約40~45℃ぐらいです。この温度では、お風呂のお湯につかるような急激な皮膚の温度変化は起こりません。これは、急激な血圧の上昇や自律神経の乱れも少ないことを意味します。しかも43℃前後という温度は、がん細胞が生きられず、正常細胞が生きられる温度です。「玉川岩盤浴ががんにいい」という評判もこういったことがひとつの要因になっているのかもしれません。
したがって、こちらもお風呂における入浴より安全といえます。

お湯を使わないもうひとつのメリット

「お湯を使わない入浴」といわれる岩盤浴ですが、もうひとつお湯を使わない大きなメリットがあります。
それは、転倒の心配がいらないということです。物理的に当たり前の話ではありますが、お湯がなければ転倒するリスクはほとんどありません。


入浴時、介護施設などでは入浴の際には高齢者1人に介護者2人以上つきます。この時、介護者が最も注意しているのが転倒です。この心配がないのも岩盤浴のメリットといえるでしょう。

ただし、岩盤浴後のシャワーだけはお湯を使用しますので、この時だけは注意が必要です。

このように岩盤浴は、お湯を使わない、又は、お湯に直接触れることがないため、お風呂での入浴に比べて高齢者にも安全に楽しむことができる入浴といえるでしょう。転倒の心配がないのもうれしいですね。
岩盤浴の温熱効果をぜひ高齢者の方も活用して下さい。