高度7000米 恐怖の四時間(1959) 監督 小林恒夫




ストーリー「映画データベース all cinema」


これも健さんっ!

高倉健さんは1956年にデビューなので、その3年後のお姿。若々しいし、さぞや演技経験も浅いと思いきや、調べてみたらデビュー40本目の映画(数え間違えていたらすみません)だなんて。
ま、生涯205本の出演作品があるお方なので、キャリア5分の1の作品てことです。




高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX




昭和30年代の羽田空港。北海道行き旅客機の機長を演じる健さんは、愛妻に先立たれたが、その想いを胸にストイックに生きるいい男。スッチーたちが健さんとの乗務を楽しみに、ある女は誘惑を目論んだりしてて。

その同じ旅客機(ダグラスDC-3)にピストルを所持した強盗犯人がいることが分かり、機内はパニックになるというお話。いわゆるハイジャックものだけど、緊迫感弱いしゆるゆる(笑)。そのテンポ感がまた愛おしかったりするんだけれど。

にしても手荷物検査ないし、機内で健さんもタバコ吸うし、ピストル撃ちまくるし。おいおい!突っ込みながら観るのが一番!




遊?三代 (MEG-CD)




若き日の梅宮辰夫も登場するが、最後まで誰が梅宮さんなのか顔が違いすぎて分からず。上映後、人生の先輩方に聞いてやっと分かった次第。

ゆるい健さん、一度観てみて〜



2016年 5月24日 
京橋・国立近代美術館フィルムセンター にて鑑賞




">Amazon プライムで見る!(この文字クリックして検索!)



Amazonで買うと

高度7000米 恐怖の四時間 [DVD]



楽天で買うと

高度7000米 恐怖の四時間 [ 高倉健 ]



最後の作品「あなたへ」公式Web


高倉健インタヴューズ (小学館文庫プレジデントセレクト) [ 高倉健 ]
Japan Movie