悪女 (1964) 監督 渡辺祐介




ストーリー Movie Walker


子ども心に、テレビのブラウン管に映し出される小川真由美のエロさに、どぎまぎしていた記憶がある。
スタイルが良い。でちょっと天然なバカっぽさがあって可愛い。






今思えば、ちょっとエキセントリックな部分は演技なのか素なのか?それが魅力でもあったわけですが、今回観賞後調べていたら、実の娘さんに対するDVなどでかなり大変な私生活だったみたい。
( ↓ 読んでいないのですが、書評レビューが痛々しい)


ポイズン・ママ―母・小川真由美との40年戦争





映画は1964(昭和39)年。小川真由美デビュー2作目。
あるブルジョワ一家の豪邸に家政婦として派遣された小川真由美の受難を描く。

時代は新幹線開通!東京オリンピック!ザ・ビートルズ来日!みたいなことは全然関係なく。若き梅宮辰夫に犯され、同じくデビュー間もない緑魔子にいじめられ、それでもけなげに自らの役割をまっとうしようと奮闘し、やがて身ごもってしまった我が子を守るため銃を手に取る。


しっかり撮れてるし超面白かった!




↓ 写真がないので。





ソフト化されてません。
娘さんに暴露本出されたくらいなので、恐らくDVDにはならないと思うけど。だからこうして劇場で上映するチャンスは貴重。ありがとう!



小川真由美を追い詰める、ほぼ同時デビューの緑魔子。


アーリー・イヤーズ~シングル・コンピレーション+




魔子さま、自室でグランドピアノをエキセントリックに演奏したり、レコード大音量で鳴らしてゴーゴーダンス踊り、女友達と公然のレズビアンセックス!


面白かったです。



2017年 9月1日
シネマヴェーラ渋谷 にて鑑賞




Amazonプライムで関連作品を見る(クリックして検索)









実録 三億円事件 時効成立 [ 小川真由美 ]
Japan Movie