下町 ダウンタウン (1957) 監督 千葉泰樹




ストーリー「映画データベース all cinema」 原作・林芙美子。



上映時間59分。

戦前のサイレント映画などを除いても、一時間に満たない作品というのは意外とあったりするものです。

公開は1957(昭和32)年。 舞台は冒頭 「終戦後四年の初春」 とクレジットが入るので、昭和29年の設定。

茶の行商をしながら、シベリアに抑留された夫を待ち、小学生くらいの息子を育てる山田五十鈴。
ふとしたことで出会った、鉄くず回収業の三船敏郎。偶然にも三船も、シベリアからの帰還者だった。








二年前の手紙を最後に夫の消息が知れない山田は、快活で男らしい三船に当然惹かれます。三船もしかり。

ある休日、三人がまるで家族のように、浅草の遊園地(花やしき)で遊び、映画を観た帰り道、土砂降りの雨に見舞われて、彼らは木賃宿で一夜をともにします。

川の字に寝て、奥から三船、坊や、山田。
熟睡する坊やを挟んで、寝付けない大人ふたり・・・。

ここで初めて、三船がシベリアから帰還後、妻が別の男と暮らしていたことで別れ、現在独り身なことが知れて。


 三船 「そっちへ行っていいかい?」

 山田 「駄目です」


・・・ありつつ、でもでも関係を結んでしまいます。

いいよ、それで良い。互いの心が癒されるのだから、恥じることないよ、とおれ呟き。








が・・・その後、とんでもなく悲しいラストを迎えます。

切ないとゆうか、なんと残酷とゆうか。 でもそれも、「現実」として受け入れなければいけない、

ならない人々。つまり戦争を経て学習した、それが「生き方」。


山田五十鈴も三船敏郎も、きっと「希望」を求めて生きていたこと。

人は「希望」に生きるしかないこと。








ラストで絶望する山田五十鈴。その表情。が、また新たな希望を見いだそうとするかのように、絞り出すような声で、幼い我が子に声をかける所。 歩く後ろ姿に号泣。

ぶっちゃけ、「戦争」がすべてを引き裂く、壊すこと。
そしてそのような破壊・絶望が、芸術を産むこと。この皮肉。









残念! ソフト化されてないんだよね〜

観て欲しい!




2017年 9月2日
神田・神保町シアター にて観賞





Amazonプライムで関連作品を見る(クリックして検索)




↓ 三船敏郎 「七人の侍」 こんなバージョンありました

Seven Samurai - The Criterion Collection (七人の侍 クライテリオン版 Blu-ray 北米版)[Import]





↓ 山田五十鈴 こうゆうのも。これも観たよ良かった!

流れる [DVD]

Japan Movie