十一人の侍 (1967) 監督 工藤栄一






ストーリー映画.Com




以前紹介した、同じ工藤栄一監督による「集団抗争時代劇」ジャンルの一本。

「十三人の刺客 (1963) 」

「大殺陣 (1964) 」 

ともに面白かったがこれもなかなかでした。



ただしお話の中身は「十三人の刺客 」と酷似というかうまいこと焼き直してるだけで。ま、そこらへんの経緯というか、当時の東映京都のイケイケチャンバラ映画量産体制については、何度も書いてきた通り ↓ これに詳しいので是非!(ほんと必読)。



あかんやつら 東映京都撮影所血風録 (文春文庫)





菅 貫太郎(すが・かんたろう)演じるバカ殿のキチガイっぷりが焼き直しまんまでしたが、それだけに憎たらしく腹立たしい卑怯者すぎて、気づけばついつい最後まで観てしまうという。もうこうなったら定番でいてくれないと困るよねって感じ。


菅 貫太郎(1934−1994)





例えばヤクザ映画における悪役と言えば金子信雄のように、菅 貫太郎はこののち、時代劇における悪役として同じような役柄を演じることに。調べてみたら本人の苦渋のコメントを発見。そりゃ「十三人の刺客のように演ってください!」と言われ続ければさすがに嫌にもなっただろう。


こたつねこカフェ(菅 貫太郎インタヴュー記事抜粋)




残念にも59歳という若さで交通事故に遭いお亡くなりに。こんな強烈なキャラがあったことを惜しむ声はいっぱいありましたが、テレビの動画(水戸黄門と大岡越前)をあげてくれたサイトを紹介しておきます。必見です。ほんとむかつくくらい悪味出しまくってます。


風の向くまま薫るまま(菅 貫太郎動画あり)




こうして古い映画を観ていると、ああこの人も今は天国にいるんだなと思う。夏八木 勲さんがデビュー間もない頃の主演作でもあったわけで。野性的なギラギラした役柄が多く、善玉も悪玉もこなしてました。


夏八木勲(1939−2013)







↓ 私が10歳の時のテレビドラマ。絶対見てたと思うけど・・・記憶がない! 夏八木さんは千葉真一さんと公私ともに仲が良かったそうです。



ザ・ゴリラ7 DVD-BOX デジタルリマスター版







人はいつか必ず逝く。だからこそフィルムに残る姿、時代が愛おしい。










2016年 10月 1日
池袋・新文芸坐 にて観賞





Amazon プライムの動画配信で見る!(これクリックして検索!)




買ってみる!


十一人の侍 [DVD]




VHSで見る!(って人いるのかな?)


十一人の侍 [VHS]




ポスターを部屋に貼る!


工藤栄一監督作品「十一人の侍」劇場用映画ポスターB2




工藤栄一を研究する!


光と影―映画監督工藤栄一










Japan Movie