会社物語 MEMORIES OF YOU (1988) 監督 市川 準






ストーリー Movie Walker




昭和63年。翌年の始めに昭和天皇がお亡くなりになり「平成」になったので、まさに昭和の終わりの作品。世はバブル。徐々に弾ける方向に向かっていたことにまだ誰も気づいていない。

そんな時代に沿った物語だけに、そのバブルという繁栄を底辺で築きあげてきたサラリーマンたちの悲哀が、窓際定年退職・ハナ肇の仏頂面と丸めた背中に溢れ出ている。










ただその繁栄と、映画でも描かれている「終身雇用的会社というムラ社会」感が揺るがないものとして、つまりやがて商社であろうが銀行であろうが、絶対的だった会社が倒産したり解散したり、吸収合併とかするかもしれないという不安や心配がまったく映されていないのが、今観ると怖く感じる。


山一證券が経営破綻したのが1997年だから、この映画はある意味まだ「能天気」なわけ。


バブル:日本迷走の原点







映画のテーマはその能天気ではなく、そこへ至った、戦後日本を支えた名もなき親父たちの姿。感謝されず、ただ散るのを待つだけ、になってしまった、たとえ念願のマイホームを建てようとも息子は家庭内暴力に走り、会社では疎んじられた存在のおっさんたち。が、かつて夢中になっていたジャズと楽器演奏の話でつながって、ハナ肇退職記念ライブで大演奏するというお話。






何より、クレージーのメンバーが全員揃った最後の作品でもあります。


クレージーキャッツデラックス [DVD]







逆に繁栄日本という時代がそうさせたのか?CMディレクターとして活躍していた市川準監督2作目のこの映画はとにかく「暗い」。繁栄の影の部分(ただし繁栄がいずれ絶えるという暗さではない)が多すぎて、今観るとちょっとしんどかったのも確か。ジュリアナ東京みたいな場面もあるし、当時のファッションを思い出して観るのは良かったのですが、「悲哀」が強調されすぎてて、もっとクレージーに笑かせてもらえるところがあったらなあ〜というのが私の感想


Amazonレビューは評価高い〜




80’s 眉毛太めに肩パッド。








副題のMEMORIES OF YOU はジャズのスタンダード曲。ハナ肇さんの熱烈ドラムソロは必見です。



クラリネット ジャズ・スタンダード名曲選ベスト~Memories Of You~ 【生演奏CD付き】








同じ能天気ならこっちのほうが好きだけど。


クレージーキャッツ 無責任ボックス (初回限定生産) [DVD]







2017年 11月 20日
神田・神保町シアター にて観賞






Amazon プライムの動画配信で見る!(この文字クリックして検索!)






買って見る!


あの頃映画 「会社物語 MEMORIES OF YOU」 [DVD]











Japan Movie