ポルノギャンブル 大穴中穴へその穴 (1972) 監督 渡辺祐介



↑ 記事掲載後、このサイトを運営している会社のコードに引っかかり、ポスター画像が削除されましたので加工しました。映画関係者の方々にお詫び申し上げます。今まで何度も無理解極まる削除にあきれてしまうのですが、仕方がありません。マニュアルでしか生きられないマニュアルありきに対抗しても無駄なので、どうかお許し下さい。





ストーリー&東映愛に満ちたレビュー



黒澤明とか松本清張ものとか大作が続いたので、ぐっと軽〜い作品をしばらく続けてみます。

山城新伍主演、吉本芸人参加のお笑い映画。「ポルノ」と付いてますが成人映画ではない(なかったと思う)。まあほどほどにバカバカしくてくだらないけど、山城新伍をはじめ出てくる芸人・役者さんの若さ、勢いを感じる熱い作品でした。





山城新伍(1938-2009)


現代・河原乞食考―役者の世界って何やねん?








女子プロレス興業で働く山城新伍はギャンブル好きで、興業主・岡八郎の眼を盗んで売り上げを全部丁半賭博に賭けてパーにしてしまいます。まさに裸一貫になった山城は、しかし若く才覚を発揮して、仲間を集めて豚レースや詐欺トルコ風呂(美人局)などを次々と展開、やがて一攫千金と相成りますが地元ヤクザに狙われ一文無しに。それでも夢を諦めずがんばりまっせ〜という物語。












山城新伍がスクリーンから飛び出てくるのではないかと思うくらい元気が良く活きが良くて、見ていて気持ちが良い。 先に 「ヤングおー! おー! 日本のジョウシキで〜す (1973)」 監督 山崎大助 にも書きましたが、当時の吉本興業きってのコメディアン 岡八郎 Wikipedia (1938-2005)や 平参平 Wikipedia (1916-1986)さらに当時「ボンカレー」のCMで全国的に人気だった落語家(というより当時は司会者のイメージが強かった) 笑福亭仁鶴 Wikipedia (1937-)も若い細マッチョなお体で登場、詐欺トルコで騙されておりました。






ずいぶん長いこと仁鶴師匠の落語を聴かなかった記憶。落語家タレントの先駆けだもんね。


なんばグランド花月 笑福亭仁鶴 独演会 DVD-BOX







「三分間待つのじゃぞ」で有名なCMはYOUTUBEで見られます。


ボンカレーゴールド 中辛 180g×5個







ほんのちょい役で漫才トリオ・レツゴー三匹(レッツゴーにあらず)も登場。実は阿佐ヶ谷でこれを観た数日前に、メンバーだったレツゴー長作さんが肺がんで亡くなられてたので(享年74)、若い艶のある表情で映っている姿に合掌でした。ちなみにレツゴーじゅんさんは2014年に他界、レツゴー正児さんは認知症療養中だそうです。





うわわ海原千里万里も懐かしいけど。下写真がレツゴー三匹(左から長作・正児・じゅん)。


大阪ラプソディー/新地ワルツ







賀川雪絵(現 賀川ゆき絵 1948-)という特に当時の石井輝男監督作品で有名な色気ある女優さんが、賭場で山城新伍を騙す役で登場、この映画では脱ぎませんが、個人的には♡と思っていたら、そうそうこの4年前に 「怪談 蛇女 (1968) 」監督 中川信夫 に出てました観てました。この映画でも山城新伍が暴れてました。












賀川さん、その後はヒーロー戦隊ものの悪役とかもやって今なおご健在です。







2018年 2月6日
ラピュタ阿佐ヶ谷 ”歳末新春特選 コメディ天国 it's 笑 Time” にて観賞








Amazon プライムの動画配信で関連作品を見る!(この文字クリックして検索!)











Japan Movie