俳句初心者の良明の「お勉強」の成果を、初心者の皆様と共有。 かけだしの俳句作者・良明の俳句1年目の作品たち(2)

かけだしの俳句作者・良明の俳句1年目の作品たち。 良明の俳句たち です。ご笑覧ください。

かけだしの俳句作者・良明の俳句1年目の作品たち(2)

かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品一覧(2017)

季語別索引へ

  かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品 with 詳細・選評、解説等2▽▽























積み木積む崩れまた積む平和とは  良明
【「積む-崩れる-また積む」の言葉に、心打たれました。 私なりに身の回りのことを考え、これからもいろいろあるけど引き続き頑張ろうって、気持ちになれました。】というお便りをいただきました。 
 
 NPO法人
 気付き教育実践ネットワークhttp://www.hvs-souken.com/

かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品一覧(2017)
季語別索引へ

守るほどの祖国はありや桜花  良明

これを見て某一流俳人は、即座に「寺山修司ですね」と。さすがでございます。それから「もるほどの」と読まれました。「守る=もる」。プロの俳人さんは、575で読める限りは575で読むんですね~。


もる【守る】( 動ラ四 )①注意して見張る。番をする。まもる。②いつもそばにいて守る。保護する。
(大辞林 第三版)

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや   寺山修司

「身捨つるほどの」の意味は「(そのために)自分自身を犠牲にする」ということですから、「身捨つるほどの祖国」=「わが身を擲(なげう)って守るほどの祖国」。

これはある句会で「兼題」(前もって出された題で作る、その題)が「守」だったので右の歌(短歌)の「本歌取り」をしたものです。

寺山修司の先に引いた歌も、
一本のマッチをすれば湖は霧(富沢赤黄男)の本歌取りといわれているようです。


かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品一覧(2017)
季語別索引へ ☆☆



 画像は どんぐりころころ -野鳥里庭- より https://ameblo.jp/kojyuen/entry-12002835462.html
 2018-03-14 06:53:25 画像使用許可をいただきました。

揚げ雲雀天に巡礼するごとく   良明

 旅行読売2017年7月号 
 「旅よみ俳壇」入選
     「麦」会長「天為」最高顧問・対馬康子

季語別索引へ かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品一覧(2017)
 

★★

ここちよい旅の疲れや蜆(しじみ)汁  良明

旅行読売2017年8月号
  「旅よみ俳壇」入選 
「小熊座」主宰・高野ムツオ選
ここちよい旅の疲れや蜆(しじみ)汁

              

季語別索引へ  かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品一覧(2017)




火蟻来て事情聴取すヒアリング
滑稽俳句協会報2017年8月号
〈今月の秀逸句〉同協会会長・八木健 選 
付句は八木健会長による

「時事問題+駄洒落」で、選に通るとは思いませんでしたが、ダジャレ好きの血が騒ぎダメモトで出したら「秀逸句」に。うれしい驚きとなりました。。ダジャレを私は The Share(ザ・シャレ)に高めたいと思っています(笑)。


季語別索引へ  かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品一覧(2017)へ 


大欠伸夏日吸ひこむ赤子かな 銀座百点 2017年7月号
「銀座俳句」佳作  
高橋睦郎 選       
歴史的仮名遣を統一的に使い始めました



かけだし俳句作者・良明の俳句1年目作品一覧(2017)

季語別索引へ 

全体の目次へ
俳句,初心者,べからず集,上達の秘訣