My philosophy about inter-communication.ぼくの、国際意思伝達哲学

Today,I had very exciting time in the trip in Nagaya!Though I was always reluctant to talk to a stranger,I did it as my will.I asked shop worker many question.Through this exprience,I realized that general people live up their lives in the "inner-univers".But I think we expand it to new fronteir.Today is my turnig point.And I've taken just the first step,to take the second step.
今日は、名古屋旅行でとてもワクワクする時間を過ごしました。ぼくはいつも知らない人に話しかけるのを躊躇していたけど、自分から進んで話しかけたんです。店の従業員の人たちにいろいろ質問しました。この体験を通して、普通の人たちは「内なる宇宙」で生涯を全うしているのだ、と気づきました。しかし、蓋し、我々は新しい未開の地へそれを拡張しなければなりません。今日は、僕にとってのターニングポイントです。でもはじめの一歩を踏み出したにすぎません、次の歩に向けて。




日本語初級1大地メインテキスト [ 山崎佳子 ]