滑膜に起こる炎症、自発痛、骨粗鬆症、薬(ステロイド)の副作用で心配だらけ- 解熱 にはカロナール 痛み止めにはロキソニン

関節痛と熱は-滑膜に起こる炎症-新潟で検査、治療の方向を探す

足





関節にかかる荷重が腫れや痛みを増幅させる、車の運転や重い荷物の持ち運びでけで炎症を起こすはれている部分を押すと、痛んだり(圧痛)、動かしたときに痛み(運動痛)を感じるじっとしていても痛む(自発痛)
これらの痛みは、滑膜に起こる炎症がもたらすもので骨の破壊などが進むと、炎症性ではない痛みも生じる 破壊された関節の周囲の筋肉や組織の血流が悪くなるための痛み(阻血性疼痛)、骨が弱くなるための痛み(機械的疼痛)、関節のはれが周囲の神関節以外の全身症状 内臓障害がある悪性関節リウマチ
関節リウマチでは、関節だけではなく、全身に炎症がおよぶ

そのため、発熱、体重減少、怠感、疲れやすくなる、といった症状が見られ、骨粗しょう症や貧血もよく起こる ひじなど骨が出っぱっていて、ものがあたりやすい部分にできるコブ状のしこり(リウマチ結節)も、比較的よく見られる

さらに、眼、心臓、肺、神経、皮膚など、さまざまな臓器に障害がおよぶことがあり治療しにくいこれらの関節外症状があるものは、「悪性関節リウマチ」と呼び、通常の関節リウマチとは区別される


即納『あす楽対応』楽天大感謝価格『約半年分たっぷり大容量グルコサミン+コンドロイチン+コラーゲン540粒』





熱で消耗




一般的な症状チェック-今でも動かない手足
手の感覚が鈍くなり、まるで厚い手袋をはめているような感じがする。

手の指がむくんで、指輪がはずれにくい。

朝、起きたときに関節がこわばっている感じがする。

手の指の真ん中の関節が腫れて、痛む。

関節のはれが、さわるとやわらかく、紡錘状である。

箸が使いにくい。歯ブラシが持ちにくい。

服のボタンがかけにくい。

コップや茶碗を落としやすい。

包丁がうまく使えない。

手首や肘が痛くて力が入らない。重いものが持てない。
膝が痛い。

足の親指が外反母趾になって痛む。

長時間座っていると足の関節がこわばってしまう。



ゴリゴリ、ボッキンなど注意していても同じ姿勢が関節の負担になる
荷重を避ける為に体重の管理が重要
玄米に小豆をまぜて炊き上げると写真の通りの雑穀米
小豆には利尿作用があるのでドンドン食べなくては浮腫で動けなくなる
野菜も一日の必要量は350g 工夫が大事
楽チンに歩けるまでの努力は続けないと 格好よく歩きたいから

雑穀ごはん