鼓膜形成術施行から空間識失調・難聴(特に低音域が障害される)・耳鳴り・耳閉感

発作時主症状 - 三半規管?三叉神経痛?

耳鼻科




メニエール病
めまい(突発的で立つことも出来ないほどの激しい回転性で、かつ数十分以上続く)
難聴(特に低音域が障害される)
耳鳴り
耳閉感

吐き気、嘔吐、冷や汗、顔面が蒼白くなる、動悸、異常な寒気・暑さなどの温感異常、聴覚補充現象(聴覚のリクルートメント現象)等の症状が起きることがある

典型的なメニエール病の発作では「視界がはっきりグルグル回る強い回転性めまい」「聞こえ」の症状に加え強い吐き気・嘔吐を伴う 目がグルグル回る為に立つことも出来ず横になっても 頭を動かすと症状がさらに強くなるために自発的には頭を動かすことが困難になる 当然、歩くことも出来ず トイレにも這って行くほどであるが便座にまともに座ることもできないため排尿も困難なほどである 

めまい発作は数十分から数時間 時には半日以上続く (数十秒程度のめまいはメニエールのものではない)回転性のめまいが治まった後も浮動性めまいや聞こえの症状がさらに続くこともある 内耳の疾患であり脳には異常は無い為 目はグルグル回り外から見てもあきらかな眼振が見られるが患者の意識ははっきりしているのが特徴 めまい発作中は吐き気が続き 顔面が蒼白になり 気温が異常に暑く感じたり寒く感じたりする 

初期にはこのような症状であるが めまい発作を繰り返すうちにめまい発作時以外にも耳鳴りや難聴・聴覚補充現象が起きるようになり さらに進行するとめまい発作時以外にも耳鳴り・難聴や聴覚補充現象および平衡機能の乱れが常態化するようになる

メニエール



病態・原因 - メニエール病の本態は内耳の内リンパ水腫 内リンパ水腫によって前庭と蝸牛の感覚細胞が障害され 突発的で激しい回転性のめまいと同時に 耳鳴りや難聴などの蝸牛障害症状の発作が繰り返す メニエール病の発症にはストレスが強く相関する

めまいや聞こえの症状 メニエール病の本体である内リンパ水腫(膜迷路に内リンパ液が過剰に貯まり膨らんだ常態である)の内圧上昇により内リンパと外リンパを隔てている膜が膨張し ついには破裂すると カリウムに富んだ内リンパとナトリウムに富んだ外リンパが混合し 平衡や聴覚をつかさどっている感覚細胞が化学的刺激を受けること あるいは物理的な刺激を受けることなどが 激しいめまいや聞こえの症状として感じられる 

内リンパと外リンパを隔てている膜は短時間で閉鎖するが 再度内リンパ液が貯まるとまた膨張・破裂を繰り返し めまいや聞こえの症状も繰り返す 感覚細胞が刺激を受けることが重なると 感覚細胞の機能がだんだん劣化し 様々な症状が常態化する また めまい発作時以外に聞こえの症状が出るのは 内リンパ水腫によりリンパ腔内圧が上昇し 聴覚細胞が圧迫されることによると言われる




診断基準
数十分から数時間の回転性めまい発作が反復 耳鳴り・難聴・耳閉塞感がめまいに伴って消長
諸検査で他のめまい・耳鳴り・難聴を起こす病気が鑑別(除外)できる


メニエール病の診療科は耳鼻咽喉科 メニエール病では低音難聴がみられるので純音聴力検査が必須
眼振検査や平衡機能検査やカロリックテストなどで内耳障害の所見を確認し、ABLBテスト、SISIテスト、自記オージオメトリーで聴覚の検査をする 鑑別すべき諸病の除外診断の為に頭部のMRIやCT、頚部のレントゲン、あるいは血液検査などの直接内耳には関係ない諸検査もおこなわれることがある
メニエール病の確定診断にはこれらの多くの検査が必要

治療 病気が完成してしまうと難治であり、早期の治療が重要
基本的には薬による加療が行われる
めまい発作時には吐き気を伴うことが多いために内服薬の投与は困難であり 炭酸水素ナトリウム注射液(メイロン)やグリセロール、トラベルミン、制吐剤などが点滴静注される
また 入院治療にてステロイドの点滴静注が行われることもある
難治・重症例には内リンパ嚢開放術や前庭神経切断術などの手術が行われる事がある

内耳


めまいを軽減するために経鼓膜的に鼓室内へゲンタマイシン(ゲンタシン)などの抗生物質を注入 平衡感覚をつかさどる前庭細胞の変性をはかる局所治療もある また有酸素運動も有効との報告がある

メニエール病の進行が長期に渡ると 中には両側性のメニエール病に進行するものがあり 両側メニエール病がさらに進行しきるとやがて平衡機能が廃絶 その段階まで進むと激しい回転性のめまいは起きなくなり 平衡機能は脳が代償するが 一方で平衡感覚の乱れや難聴・耳鳴り・補充現象などの症状が固定化し不治となる

三叉神経痛 顔面神経痛とも言われる 三叉神経の枝の一部に起こる神経痛
眼,額,側頭部,頬(ほお),耳,下顎(がく),舌などが三叉神経の走行に沿って激しく痛む
歯,顎,副鼻腔の外傷や炎症などが誘因でアルコール中毒や脳腫瘍(しゅよう)・脳動脈瘤(りゅう)によって神経が圧迫されて起こることもある
症状は「電気が走るような」とか「針が刺さるような」などと表現される
顔面のある部分に触れたり しゃべったり あくびをしたり 物をかんだりすると起こる 歯痛など 原因となっている疾患を治療すれば痛みはまったくなくなる

治療の中心となるのは 鎮痛剤・抗けいれん剤・精神安定剤・ビタミン剤といった薬物療法 しかし しばしば難治性で長期間続くため 神経そのものの切断術や アルコール グリセオールなどを注射して変性させる治療も試みられる
三叉神経そのものには病変がみられず 大多数は三叉神経の脳幹進入部における血管圧迫に影響を受ける

痛み止め


「鼓膜再生術」後に痛みの改善が見られず ゲンタシン・ステロイド治療を続けてきたが 「耳鳴り・めまい」は経過観察中 診察時に「内耳内には所見なし」と診断されるので 「痛み」がどこからくるものかは不明 「痛み」が続くので「精神科」受診を勧められた
「精神科」では 投薬治療しかなく 膠原病内科で処方されている 痛み止めが有効であるとの見解だった

1人暮らしの高齢者宅のテレビなど 家電製品の消費電力で安否確認をするプライバシーに配慮した新しい形の見守りサービスです