カラダのためには清潔保持・ - 病原菌との闘いにはマニュアルがある・レジオネラ属菌・MRSA・緑膿菌・ 単純疱疹・ヘルペス

カラダのためには清潔保持・ - 病原菌との闘いには「感染症対策マニュアル」がある

病院や施設は細菌との共存がタブー 家庭内ではなおさら注意

インフルエンザ




病院や医療機関は病気を治療する場である そして さまざまな病原体に感染した患者が集まってくる場所 また抗生物質や消毒薬の使用で 薬剤耐性病原体が多い環境
重症の消耗性疾患の患者 外科手術等で感染の危険性が高い処置を受けた患者 あるいは臓器移植手術後の拒絶反応を弱めるために免疫抑制剤投与を受けて人為的に免疫力を低下させられている患者 抗がん剤投与により骨髄機能や免疫能が低下している患者など 微生物の感染に対する抵抗力が低い易感染宿主が多い 
感染源である患者と 免疫力・抵抗力・体力の衰えた患者が 同一施設内にいるため 感染しやすい状況である また患者から患者へと感染する以外にも 医師や看護師・介護職員 あるいは調理員などの従事者が病原体の運び役になっている場合や 外から入る免疫力の高い保菌者によって感染が引き起こされる場合がある
家庭内でも病原体の運び屋にならないように 手洗い・うがい・衣類などの除菌に気を付ける必要がある




主な経路と病原体
接触感染:保菌者の皮膚や粘膜などに触れたり 食器や衣類などに間接的に触れることで感染する
・多剤耐性菌(MRSA、VRE、VRSA、多剤耐性緑膿菌 (MDRP)など)
・疥癬
・セレウス菌
経口感染:病原体が手や食器などを介して口から侵入して感染する 特に糞口感染の場合が多い
・腸管出血性大腸菌 (O157など)
・赤痢菌
・ノロウイルス
飛沫感染:病原体が保菌者のクシャミ・咳などで飛ばされ感染する
・インフルエンザウイルス
・風疹ウイルス
・マイコプラズマ
・髄膜炎菌
空気感染:空気中に浮遊した病原体を吸い込むことで感染する
・麻疹ウイルス
・水痘ウイルス
・結核菌
血液感染:針刺し事故や輸血、血液製剤から感染する
・ヒト免疫不全ウイルス
・B型肝炎ウイルス
・C型肝炎ウイルス
手術や処置による感染:カテーテルやプラスチック製の人工弁など 体内に留置する医療器具からの感染や 生体製剤からの感染
・緑膿菌(静脈内、尿路内の留置カテーテルから)
・皮ブドウ球菌(コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の一種。留置医療器具から)
・プリオン(硬膜製剤による薬害CJD)

日和見感染
健康な状態では感染症を起こさないような病原体 - 弱毒微生物・非病原微生物・平素無害菌などが原因で発症する感染症である
加齢に伴う体力減衰等の要因によって免疫力が低下すると 通常であれば免疫力によって増殖が抑えられている病原性の低い常在細菌が体内で増殖し その結果として病気を引き起こすことがある 
日和見感染とはカラダと病原体との間で保たれていたバランスが抵抗力低下により崩れ 発病につながるものである 
(細菌性日和見感染 真菌性日和見感染 ウイルス性日和見感染 原虫性日和見感染)


 



MRSA-メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 
抗生物質メチシリンに対する薬剤耐性を獲得した黄色ブドウ球菌の意味であるが、実際は多くの抗生物質に耐性を示す多剤耐性菌である


緑膿菌(りょくのうきん) 代表的な常在菌の1つでヒトに対しても病原性を持つものの 仮に健常者に感染しても発病させることはほとんど無い 対して、免疫力の低下した者に感染すると 日和見感染症の一つ 「緑膿菌感染症」の原因となる


レジオネラ属菌 衛生管理が不十分な浴槽の壁面や配管などにつくヌメリは 専門的には生物膜(=バイオフィルム)と呼ばれる 循環式浴槽水や冷却塔・給湯設備などでもこのヌメリには栄養分が豊富で 塩素などの消毒薬や紫外線から保護されるため 微生物の増殖に適した環境になる
つまり このバイオフィルムを発生させないこと レジオネラ属菌の栄養源を絶って 増殖させないこと それから レジオネラ属菌が繁殖している可能性がある水の細かい水滴を人に吸い込ませないこと この3つが レジオネラ症を発生させない大原則になる

症状のタイプは2種類「レジオネラ肺炎」と「ポンティアック熱」と呼ばれる ポンティアック熱は発熱や頭痛・筋肉痛などの症状で 一般的に軽症だが 問題になるのは「レジオネラ肺炎」 高熱や呼吸困難・吐き気・意識障害などが出て 急激に重症になり死亡することがある
幼児や高齢者 他の病気にかかっているなど 抵抗力の弱い人は感染しやすいので注意が必要


ヘルペス ヘルペス瘭疽(ひょうそ):手指などに単純疱疹が多発し相当な痛みを伴う 重傷のアトピー性皮膚炎の患者などに起こることがある
ヘルペス後神経痛:ウイルスの頻繁な再発等で感染した部位を中心に広範囲な神経痛(痛み、痺れ、疼痛)が後遺症として残ることがある

単純疱疹 - 口の周囲や陰部の周囲に水ぶくれや発疹が出現しそれに違和感やぴりぴりした潰瘍ができ痛みを感じることもある 年に何度も繰り返す人もいる 腕に出る場合もある 口唇ヘルペスは風邪をひいたあとなど免疫力が落ちた時にできやすい
必ずしも唇周辺に出るとは限らず 頬の発疹や顔の一部に小さなニキビのように出現する場合もある それぞれの人の体質によるため感染に気が付かないケースが多い
風邪やストレスや心労 老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって ウイルスが増殖して症状を繰り返す



病院・施設においては「院内感染対策マニュアル」が院内感染や施設内感染の発生予防対策となる
「院内感染対策マニュアル」では スムーズに感染対策が実行できるように研修・啓蒙・健康管理への取り組みが事細かに決められている

1人暮らしの高齢者宅のテレビなど 家電製品の消費電力で安否確認をするプライバシーに配慮した新しい形の見守りサービスです




まるでお母さんのように ていねいに家事をご提供する
ハウスキーピングサービスをご希望の方はこちらから