信用しやすい宣伝…何度も繰り返す 聞きやすい言葉は頭に焼き付けられる

ネット生活は宣伝がいっぱい! - サブリミナル効果

チサンイン





閾下知覚 潜在知覚などと訳される 意識されない 刺激閾下の刺激に対して起きる知覚反応
たとえばテレビの映像に 同じ言葉の羅列を繰り返し音楽にのせて放映したとすると 意識的には認知できない知覚が生じ その影響が意識や行動に現れるという おもにテレビコマーシャルなど広告に使用すると 購買欲を起させることが可能であるといわれている


〔「識閾しきいき下の」 「潜在意識の」の意〕
映像や音声に、通常の視覚・聴覚では捉とらえられない速度・音量によるメッセージを隠し それを繰り返し流すことにより視聴者の潜在意識に働きかけること

普段生活していると様々なことに影響をされることがあります 実は知らずと影響されてしまうこととしてサブリミナル効果があると言われています 

1人暮らしの高齢者宅のテレビなど、家電製品の消費電力で安否確認をするプライバシーに配慮した新しい形の見守りサービスです





潜在意識化に影響を与える
サブリミナル効果とは 意識や潜在意識の下に影響を与える効果です サブリミナル効果を受けてる本人は影響を受けていると気が付かず いつのまにか無意識に様々な影響を受けてしまいます

広告に隠されたサブリミナル効果
サブリミナル効果は映像の中に使われていることが多いのですが 広告にも多く使用されています
広告の中に全く関係のない絵や映像が紛れ込まれていることがあって それがサブリミナル効果と言われています


音楽に隠されたサブリミナル効果
音楽にかくされたサブリミナル効果として逆再生をしないと聞こえないものや通常でははっきりと聞き取ることができない音声が収録されているなどのことが見られます 曲の中で聞こえない声が収録されて意識下にイメージが組み込まれてしまうわけです
音楽は 音量も大きければ 聴こえやすいので大きくしがちですが 聴きたくない音は ただの雑音になってしまいます 耳障りの良い音には良い効果をもたらすので 癒されたい時に聴く音楽は人それぞれですが
「ヒーリングミュージック」などの場合 疲れていたり 感情的に高まっていたり 考えがまとまらなかったりしている場合に リラックス効果が期待できます 「穏やかな海」 「白い砂浜」 「優しい誰か」 そんなイメージが浮かんでくれば 良い気分になれなくても 十分リラックスが出来ているということです


日常会話の中で使用されるサブリミナル効果
普通の会話をしている中で商品を連想させるイメージを言葉でさりげなくはさんだりすることでサブリミナル効果が得られると言われています

フラッシュバックと呼ばれる短いカットを連続的に繋ぐ手法があります 様々な仕掛けが施された宣伝など 自然に耳から入り 潜在意識にとどまり“心理誘導”を引き起こし
自力では抗えない イメージ効果が瞬間的に焼き付けられる 例えば 単語を見せることによって 飲み物の中から特定の「飲み物」を選択させることができる
これが 宣伝効果につながります
シンプルな言葉は効果が大きい 単純に繰り返して表現することは かなり効果がある反面 実によく伝わり 潜在意識から抜けにくい 例えば 歌はメロディの心地よさに紛れて 繰り返しのうっとおしさを感じないというメリットはあるが 「頭から音楽が抜けない」「繰り返し聴いている」感覚に陥りやすい




普段からテレビをつけたまま 何かをしていると テレビのCMで振り向く事がある 何かと思えば「繰り返し」の宣伝で 夜間はその「通信販売」の番組しかやっていないチャンネルがある

購買意欲がなくても興味がなくても 見入って確認したくなる
通信販売では高額でも 欲しいと思わされた商品は 意識に残り 何かのきっかけで 買ってしまうことになりやすい 聴こえの悪さがある場合には テレビの音量はかなり大きくて聴こえやすく意識に残りやすい

判断力や認知能力の低下で 沢山の高額商品を購入し 周囲の手を煩わす高齢者はいかがなものだろう?

***続きは また***